黒豆茶に副作用は有る?アレルギー体質の方は注意

<スポンサーリンク>

大豆は「大豆イソフラボン」や「サポニン」が含まれていて、健康食品やサプリメント、化粧品等にも利用されています。

黒豆茶に使用されているのは、黒大豆ですので、「ポリフェノール」によるアンチエイジング効果が高く、普通の大豆よりも更に健康と美容効果が期待出来ます。

 

黒豆茶の副作用について

黒豆茶は大豆ですので、基本的に副作用の心配は有りません。

もちろん、副作用が基本的に無いと言っても、大豆アレルギーの方は飲む事は出来ません。

 

また、「大豆イソフラボン」が含まれていますので、女性ホルモンのバランスが乱れやすい方は、念の為に注意した方が良いと思います。

 

妊娠中や授乳中に副作用は無いの?

黒豆茶はノンカフェインですので、妊娠中でも飲むことが出来ます。

先ほどの副作用の所でも触れさせて頂きましたが、妊娠されているご本人様に「大豆アレルギー」の疑いが有る場合は、黒豆茶を飲む前に医師や担当の方に相談するようにして下さい。

 

副作用では有りませんが、妊娠中の方で女性ホルモンが乱れやすい方も、常識の範囲内であれば問題は無い筈ですが、一応は相談して頂いた方が良いと思います。

授乳中に関しても、副作用等の心配は有りませんので、大豆アレルギーの疑いの有る方や、女性ホルモンが乱れやすい方は注意が必要です。

 

赤ちゃんに大豆アレルギーの疑いが無かったとしても、妊娠されているご本人様に大豆アレルギーが有ると、母乳の味や質にも影響が出てしまう可能性が高いので注意が必要です。

 

黒豆茶の成分について

大豆系で言うと、大豆イソフラボン・大豆サポニン・大豆オリゴ糖が含まれています。

ミネラル系で言うと、カルシウム・ナトリウム・マグネシウム・カリウム・リン・鉄・亜鉛・銅が含まれています。

 

ビタミン系で言うと、ビタミンB1・ビタミンE・ビタミンKが含まれています。

あとは、トリプトシンインヒビター・大豆タンパク質・脂質・リン脂質・糖質・水溶性食物繊維・炭水化物・フィチン酸・ヨウサン・リノール酸・アルファリノレン酸・トリコフェロール・ステロール・ペクチンが含まれています。

 

黒豆茶に期待出来る事

各種生活習慣病やアンチエイジング効果、リラックス効果や認知症の症状の緩和、

女性でしたら、更年期障害の症状の緩和、肌コンディションを整える効果やダイエット効果、冷え性の予防や改善、便秘体質の改善等の効果が期待出来ます。

 

黒豆茶は、常識の範囲を超えて、大量に摂取しない限り副作用の心配も少ないので、毎日でも摂りたいお茶ですね。

もし宜しければ、「黒豆茶の素晴らしい効能♪便秘だけじゃないんです!」の記事も参考にして下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ