黒豆茶がむくみとダイエットに良い具体的理由

<スポンサーリンク>

黒豆茶はむくみ解消効果も高く、ダイエットサポートとしても優秀です。

更に、便秘解消効果が期待出来る食物繊維、脂肪の蓄積を抑える働きが期待出来るアントシアニン、食事中に含まれているコレステロールの吸収率を下げてくれるイソフラボンが適切な量含まれている事も特徴です。

 

また、「シアニジン」と呼ばれるポリフェノールの一種が含まれていますので、ダイエットを決意したのにも関わらず、なかなか食事習慣が変えられない方にも注目されています。

 

黒豆茶がむくみ取りに良い理由

身体がむくむ原因として、代謝の低下が多いです。

特に健康意識の高い方やダイエット中は水分摂取量が多く、運動でもしていない限り、1日の後半位のなると足のむくみが気になると思います。

 

黒豆茶は利尿作用が有りますので、むくみ易い体質の方に注目されています。

 

シアニジンとダイエット

シアニジンは黒豆茶以外にはベリー系に含まれている「ポリフェノール」の一種です。

血液サラサラ効果が非常に高い事で有名で、高血圧等の各種生活習慣病が気になる方に注目されています。

 

分子が非常に細かい特徴が有り、身体への吸収率が高く、比較的どのような方でも早く効果が出易く、変化が実感し易い等の特徴が有ります。

早い方では黒豆茶を飲んでから数時間で血液に変化が有ったと言う方も居られる位です。

 

また、食事中に含まれている脂肪の吸収率を下げ、身体に蓄積しきってしまう前に老廃物と一緒に体外に排出させてしまう働きが有ります。

もう少し具体的に説明させて頂ますと、食事中に含まれている脂肪が、胆汁酸と一緒に黒豆茶に含まれているシアニジンによって、身体に吸収されにくい状態に変化します。

 

食事中に含まれている脂肪が吸収する事が難しい状態に変化しますので、ダイエットサポートに最適と言う事です。

 

黒豆茶は摂り過ぎ厳禁?

1日3杯程度までに抑えるのが一番良いと言われていて、それ以上飲んだとしても殆ど意味は有りません。

注意点としては、黒豆茶にはイソフラボンが豊富に含まれていますので、イソフラボン系のサプリメントや大豆系健康食品等を摂取されている場合は、ホルモンバランスが崩れてしまう可能性が有ります。

 

ホルモンバランスが崩れてしまった場合、ニキビが出来やすくなってしまったり、月経異常やイライラ等が起きてしまう場合も有ります。

症状によって異なりますが、大豆アレルギーの方は摂取する事は難しいです。

 

もし宜しければ、「黒豆茶に副作用は有る?アレルギー体質の方は注意」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ