食物繊維で便秘が治らない理由について|何故治らないのか

<スポンサーリンク>

食物繊維をしっかりと摂っているのに、便秘が治らない場合が有りますよね。

毎日継続して摂っているのに便秘が治らないと、「実は何かしらの病気なのでは?」と不安になって来ると思います。

 

食物繊維で便秘が治らない理由について

多くの人を悩ませているのが、便秘です。

一見すると健康的で、綺麗に見えても、実はお腹の中はボロボロ。

 

何日も便が出ず、腸にたまっている状態でいると、常にお腹がはった感覚があり、お肌も荒れ気味になります。

時には腹痛を伴うこともあるので、この慢性的な便秘を何とかしようと、様々な対策をしている人は多いと思います。

 

頑固な便秘の予防・改善策として知られているのが、食事療法ですね。

“食物繊維”をたっぷり含んでいる食品を積極的に摂取することで腸内環境を整え、自然に排便出来る身体にすることを目的としており、実際にこの方法で便秘を克服したと言う人は多いですが、一方でどんなに“食物繊維”をとっても治らないと言う人もいます。

 

さらには、治らないどころか悪化してしまう場合も・・・・・。

何故、そんなことになってしまうのでしょうか?

 

そもそも、何故“食物繊維”が便秘に良いと言われているのか。

“食物繊維”は、実は二種類にわけられ、水に溶ける“水溶性食物繊維”と、水に溶けない“不溶性食物繊維”があります。

 

便秘に良いとされているゴボウやサツマイモは、“不溶性”。

実は“水溶性”と“不溶性”、どちらかばかり食べ続けるのは、便秘を悪化させる原因になってしまうのです。

 

大事なのは、“水溶性”と“不溶性”のバランス。

このバランスがちゃんととれることで、自然な排便効果を生むのです。

もし“食物繊維”をとっているのに便秘が治らないと言う場合は、このバランスがとれていない可能性があります。

 

特に“不溶性”ばかりをとっていると、便が固くなってしまい、便秘が悪化してしまいがちです。

“食物繊維”で便秘を治したいと考えているならば、バランスを計算しながら献立を考えることをおすすめします。

 

食事や飲み物で便秘を解消したいと考えているならば、“食物繊維”以外にも“便秘茶”が効果的です。

“便秘茶”はその名の通り、便秘を改善してくれるお茶で、「五葉茶」が有名です。

 

腸に蠕動運動を起こすことで排便を促すと言う点では下剤に似ていますが、下剤ほど強い効果はありません。

しかし、下剤よりも効果が弱いからと言って悪いわけではなく、寧ろ下剤よりも自然に排便が出来ると言う点では“便秘茶”の方が、身体への刺激や負担が少ないため、優れています。

 

五葉茶の効果は本当に期待出来る?信頼出来る便秘茶選び」の記事も参考にしてみて下さいね。

 

>>五葉茶の詳細はこちらです<<

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ