頑固な便秘は病院に行く前に知っておくべき事について

<スポンサーリンク>

頑固な便秘で病院に行くと、下剤や座薬を処方して貰う場合が一般的だと思います。

ですが、その時だけは下剤や座薬でスッキリ出来たとしても、原因は改善されませんのでまた同じような症状に悩まされてしまう事が多いです。

 

頑固な便秘は病院に行くしか無い?

頑固な便秘になってしまった場合、病院に行く必要が有るのでしょうか?

本当に行かなくてはならないのでしょうか?

 

食事の際の栄養不足や運動不足、無理なダイエット、不規則な生活に加齢。

様々な原因から起こるのが、頑固な便秘になります。

 

そしてこの慢性的な便秘が、何年、何十年も続いていると言う人は、実はとても多いです。

内容が内容なので誰にも言うことが出来ず、病院にも行かないまま、市販の下剤などでやり過ごしてきた人の多くは、女性であったりします。

 

元々女性は男性に比べるとお腹の筋力が弱いと言うこともあり、便秘になりやすい体質ではあります。

女性ならば、なおさら頑固な便秘で病院に行きにくいですよね。

 

しかし、時にはただの便秘と思っていた症状の裏に、実は別の重大な病気を発症してしまう可能性が隠れていることもあります。

そう言った意味では、やはり頑固な便秘があまりにも続き、腹部の痛みや便に何らかの異常が有る等してお悩みの方は、一度は病院で診てもらう方が安全だと言えますね。

 

もし、ただの便秘だったとしても、頑固な便秘になる原因さえ分かれば、その原因を取り除くことで便秘を解消することが出来ます。

なお、頑固な便秘を解消したくて病院に行こうと考えているけれども、何科を受診したら良いか分からないと言う場合は、基本的にまずは内科で良いでしょう。

 

最近では便秘の治療専門の便秘外来を設けている病院もありますが、やはり数は多くありません。

行ける範囲で便秘外来が無いと言う場合は、症状にあわせて内科や消化器内科、肛門科、婦人科などにかかると良いでしょう。

 

問診の際には、恥ずかしがらずに現在の自分の状態を医師にしっかり伝えることが重要です。

どんな名医も、患者の身体の状態や自覚症状が分からなければ診断しようがありません。

 

検査では、レントゲン(腸)、大腸内視鏡検査、CTスキャンなどを行うことになります。

しかし、病院でしっかり診てもらい、薬を処方されればそれで解決と言うわけではありません。

 

頑固な便秘は日頃の生活習慣などが原因の場合も多いので、食事に気を付け、しっかり運動をすることもやはり重要です。

また、サプリメントや便秘茶を飲むことで、排便しやすい身体に改善する事も良いですね。

 

特に便秘茶は「デルモッティ」のように排便を促すだけでなく、厚生労働省が認可した身体に良いとされている成分も摂取することが出来ますし、さらにダイエットや美容にも効果的な成分が含まれている物もあります。

効果が気になる方は、「デルモッティの効果は本当なの?」の記事も参考にしてみて下さいね。

 



便秘になる度に下剤を使って無理矢理排便するよりもずっと健康的で、身体に対しての刺激も少ないので、自然に排便出来る体質を作る事が可能です。

 

>>デルモッティの詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ