頑固な便秘にはプルーン?より効果的に便秘を解消するには?

<スポンサーリンク>

頑固な便秘にはプルーンやバナナを食べると良いと言われていますが、即効性が有る人と無い人にハッキリと別れてしまいますよね。

それに、プルーンは比較的「高価」なので、毎日継続するのは正直辛く、ダイエットや美容の事を考えると、なかなか毎日食べるのは考えものですね。

 

頑固な便秘にプルーンがオススメ?

便秘には、主に「急性便秘」と「慢性便秘」の二種類があります。

二種類の便秘のうち、「急性便秘」は、その名の通り突然なってしまう便秘です。

 

その多くは一時的なものであり、生活環境や食事が改善されることですぐに治る場合が殆どだと思います。

一方「慢性便秘」は、便秘がどんどん悪化することでなってしまうもの。

 

「慢性便秘」と言う名称からも分かる通り、非常に頑固な便秘になります。

頑固な便秘を治すには、食生活を見直すのが一番。

 

プルーンについて

便秘改善に“食物繊維”や“ビタミン”が良いとされているのは、今更言うまでもないでしょう。

これ等の成分が腸内環境を整え、排便しやすい身体を作るのは事実です。

 

お腹に良い成分を積極的にとることで頑固な便秘を改善することが出来ますが、中でも最近では「プルーン」に注目が集まっています。

「プルーン」は、日本でもよく知られているフルーツ。

 

ドライフルーツやジュース、ゼリーなど、既に加工してある形で食べるのが一般的ですが、この「プルーン」が実は便秘に良いとされています。

秘密は、「プルーン」に含まれている“ペクチン”と、“ソルビトール”と言う二つの成分です。

 

“ペクチン”は、便秘解消に欠かせない食物繊維の一つであり、腸の働きを活性化させることで蠕動運動を促します。

また“ソルビトール”は甘味料として使用されており、腸の中で発酵して二酸化炭素ガスを作ることで、蠕動運動が起こり排便しやすくなります。

 

プルーンは頑固な便秘にも効果的、ですが・・・

頑固な便秘に効果があるとされている「プルーン」。

しかし、その効果にはやはり個人差があるので、「プルーン」だけで頑固な便秘を治すのは難しいかも知れません。

 

そんな時は、便秘茶も飲むことで腸内環境を整え、排便しやすい身体を作ると良いでしょう「プルーン」自体には整腸効果が無いので、その分を便秘茶で補うのです。

なお、「プルーン」は先述した通り、効果に個人差があります。

 

毎日何個も、何十個も食べても効果が得られないばかりか、腹痛や下痢の症状が出てしまうことも。

そんな時は無理せず食べるのを止め、便秘茶を飲みつつ他の方法を模索すると良いでしょう。

 

頑固な便秘を治すには、やはり食べ物に気を付け、身体の中から綺麗になるのがおすすめです。

 

便秘茶を飲んで本当に大丈夫か心配な方には、「デルモッティ」と言う便秘茶がオススメです。

効くのか不安な方は、「デルモッティの効果は本当なの?」の記事も参考にしてみて下さいね。

 


厚生労働省が認可した食品が主材料なので、安心して飲む事が出来るのが嬉しいですね。

 

>>デルモッティの詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ