菊芋茶の効能と、最近注目されている理由

<スポンサーリンク>

水溶性食物繊維「イヌリン」が多く、約6割以上も含まれているのが魅力で、知らず知らずの内に摂取してしまいがちな「糖質」「塩分」「コレステロール」の吸収率を下げる効能が期待出来ます。

この効能は、食事による急激な「血糖値」の上昇を下げてくれると言う意味でも有りますので、食事中に菊芋茶を接収する事によって、より効果を引き出す事が出来ます。

 

特定の便秘茶や健康茶に含まれている原材料とは違い、栽培過程で農薬を必要としない点も安心で、カフェイン等も含まれていないのも嬉しいです。

年齢や性別、健康状態を問わずに飲む事が出来るのも嬉しいです。

 

菊芋茶の効能

全成分の約6割以上が「イヌリン」ですので、食事中や食事後に気になりがちな「血糖値」の上昇を緩やかにする効能が期待出来ます。

大腸への直接的な栄養になる「フラクトオリゴ糖」に消化過程で変化しますので、快便体質を根本的な意味で改善する効能も期待出来ます。

 

また、「ポリフェノール」が含まれていますので、抗酸化作用も期待出来、細胞の老化を防ぎ、疲れにくい身体作りにも最適です。

「亜鉛」「セレン」「カリウム」も菊芋茶には含まれていますので、新陳代謝を上昇させ、食事中に含まれている塩分の吸収率を下げる効能も期待出来ます。

 

イヌリンの効能

菊芋茶の主成分とも言える「イヌリン」には、食事中に含まれている「糖質」を取り込み、身体に吸収し辛い状態に変化させ、大腸へと運び、老廃物と一緒に体外に排出させる効能が期待出来ます。

「糖質」と言うと「甘い物」に含まれている物と勘違いされてしまいがちですが、「ご飯」「パン」「麺」「じゃがいも」「長芋」「さつまいも」「南瓜」「枝豆」「大根」「玉葱」「トマト」「リンゴ」「バナナ」にも豊富に含まれています。

 

特にダイエット中では無い場合であったとしても、「生活習慣病」の予防にも最適と言われています。

また、菊芋茶の主成分「イヌリン」は、腸内で「フラクトオリゴ糖」に変化し、便秘になりにくい腸内環境作りにも良いと言われています。

 

フラクトオリゴ糖の効能

母乳にも含まれている「オリゴ糖」の一種ですので、現在腸内に存在する善玉菌の栄養になりますので、確実に腸内の善玉菌を増加させる事が可能です。

ヨーグルト等の乳酸菌系の食品は、胃酸等の消化酵素で分解されてしまいますので、商品説明に記載されているような効能が期待出来ないのが現実です。

 

もし宜しければ、「菊芋茶の副作用は?摂取する前に知りたい事」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ