菊芋茶の副作用は?摂取する前に知りたい事

<スポンサーリンク>

菊芋茶は、「芋」と呼ばれていますが、厳密に言うと「ゴボウ」「生姜」に近い種類で、根菜を使用している事も有り、食物繊維が豊富に含まれています

原材料の菊芋は、農薬を使わなくてもしっかりと成長する事で有名で、生命力に満ち溢れています。

 

「イヌリン」やミネラルが豊富に含まれている事が特徴で、成分の約6割近くが水溶性食物繊維の「イヌリン」で構成され、約2割近くがミネラルです。

イヌリンが含まれている比率が一番多い植物である事でも有名で、糖尿病や生活習慣の予防・改善、便秘体質の改善や免疫機能の向上等の効能が期待出来ます。

 

ただ、菊芋そのものを食べた方が菊芋茶を飲むよりも効率が良いので、菊芋を調理する時間が無い方や苦手な方、健康や美容の為に毎日の生活に取り入れたい方に有効的だと思います。

 

菊芋茶の副作用に関して

ゴボウや生姜等と同じ根ですので、基本的に副作用の心配は有りませんし、便秘茶や健康茶に多いカフェイン等も含まれていませんので、誰でも副作用を気にせずに摂取する事が出来ます。

ただ、菊芋茶らしい独特とも言える風味が有りますので、お子様が小さな場合は、味覚も育っていませんので、嫌いだと言う場合も有ります。

 

副作用と言う程では無い場合が多いのですが、普段から血糖値が低く目だと言う方が菊芋茶を摂取した場合、血糖値が下がり過ぎてしまう可能性は有ります。

また、菊芋茶を構成している成分の約6割が水溶性食物繊維ですので、普通便〜軟便気味の方はお腹が緩くなる等の副作用が起きてしまう可能性は有ります。

 

菊芋茶の「イヌリン」「ミネラル」について

菊芋茶に含まれているイヌリンは、便秘体質の改善だけでは無く、食事中に含まれているコレステロールや糖質に吸着して吸収率を下げる働きが有り、「自然界のインスリン」とも呼ばれています。

それに、私達人間の消化酵素ではイヌリンを処理出来ませんので、日々の食事が気になる方や生活習慣病が気になると言う方にも注目されています。

 

菊芋茶に含まれているミネラルは、「亜鉛」「セレン」「カリウム」で、「亜鉛」には、膵臓の働きを補助し、新陳代謝や持久力の向上等の効果が期待出来ます。

「セレン」には、細胞の酸化を防ぐ効果が有り、「カリウム」には、食事中に含まれている過剰な塩分を体外に効率良く排出する効果が期待出来ます。

 

もし宜しければ、「菊芋茶の効能と、最近注目されている理由」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ