置き換えダイエットは朝・昼・夜の内、どれがベスト?

<スポンサーリンク>

置き換えダイエットは朝・昼・夜のいつ行うのが一番良いのかについてですが、極端な話、1食の摂取を完全に止めてしまうのは、あまりよろしく有りません。

ですが、どうしても抜きたい場合は、朝・昼・夜の内、どのタイミングで行うのが一番なのかも触れさせて頂きます。

 

朝・昼・夜、どれを抜くのが一番なのか

一番人気が「朝」に置き換えダイエットをしてしまう事ですね。

これが知名度が高い割に、ダイエットや健康には一番非効率的な方法です。

 

朝に置き換えダイエットをしてしまう落とし穴について

ダイエットしたい方にとっては、なかなか信じられない話なのかも知れませんが、普通の和食系の朝食程度のカロリーであれば、基礎代謝で消費出来てしまいます。

 

この事実をなかなか信じられない人が多く、朝食を置き換えてしまいがちですが、朝摂らないと、昼と夜に食事量を減らしたとしても太ります。

理由は簡単で、人間は朝食をしっかりと摂らないと身体は、極度に不足した「飢え」の状態になってしまい、次の「飢え」に備える為に蓄積してしまいます。

 

「それじゃあ、夜抜くのも同じでは?」

実は、夜食事を抜いたとしても、身体は朝のように活性化していませんし、睡眠中は基礎代謝もそこまで活発では有りません。

また、摂取したカロリーを消費する機会はあまり有りませんので、置き換えダイエットをするなら夜の方が良いですね。

 

昼に置き換えダイエットをする場合

昼食を抜いてしまう方の多くは、昼食を摂っていない安心感や達成感(?)から、3時におやつを食べてしまったり、夜に無意識的に多めに食べてしまっていたりする事が多く、リバウンドを引き起こしてしまいがちです。

 

夜まで比較的時間が有りますので、基礎代謝である程度は消費されてしまいます。

 

男性と女性のカロリー消費量

成人した男性であれば、1日辺り1500キロカロリー前後、成人した女性であれば、1日辺り1200キロカロリー前後位は何もしなくても消費してしまいます。

 

もちろん、毎日軽い運動等、基礎代謝を上げる努力を行っている方と、外出が出来ないデスクワーク中心の方では、1日当たりの消費カロリーは大きく変化してしまいます。

 

やるなら、夜置き換えダイエット

間食やカロリーオーバーな食事を行っていないにも関わらず体重の増加が気になる方の多くは、夜食がやや多めの方が多いです。

置き換えダイエットのように極端な事をしてしまうと、正直、リバウンドが怖いです。

 

もしもリバウンドの心配等をせずに食事習慣自体を改善して行きたい場合は、野菜の比率を増やしてみたり、炭水化物や糖分が高い食品を夜だけ無くしてしまうのが一番効果的と言えます。

もし宜しければ、「下っ腹ぽっこりの便秘を改善する為に 【女性の敵】」の記事もご覧頂けると幸いです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ