碁石茶は便秘に対してどれ位効く?

<スポンサーリンク>

碁石茶は、山茶と呼ばれる茶を蒸して醗酵させた後、2〜3年前後乾燥させたお茶で、プレスして乾燥させた時に四角く整形するのですが、この時に角が取れて「碁石」に見える事からこの名称で呼ばれるようになったらしいです。

海洋深層水を使用する等の拘りが有り、最近まであまり話題にならなったのが不思議な便秘茶の一つでも有ります。

 

実際にその香りを嗅いでみると分かるのですが、赤ワインに似ている事でも有名で、芳香成分的に見ても似ているのが特徴ですし、醗酵させる過程でカフェイン量が減少して25%程度だと言う事も魅力の一つです。

便秘体質の改善だけでは無く、美容や健康に対して興味が有るにも関わらず、カフェインが体質的にも苦手と言う方でも飲める場合が多いです。

 

碁石茶が便秘に効く理由

碁石茶はある特定の乳酸菌によって醗酵させられますので、乾燥させたり、煎ったり燻したりする事によって製造される事が多い一般的なお茶とは異なります。

乳酸菌には、便秘体質の改善だけでは無く、自己免疫機能の向上も期待出来、鼻炎やアトピー等のアレルギー反応を抑える働きも期待出来ます。

 

また、新陳代謝の向上や抗酸化作用も期待出来、悪玉コレステロールの吸収率を下げ、高脂血症の予防にも効果的だと言われています。

 

碁石茶の今後

碁石茶は高知県の大豊町と呼ばれる地域でのみ生産されて来た便秘茶で、年々造り手が減少して行き、非常に珍しい便秘茶の一つでしたが、その希少性や香り、高い便秘解消効果や健康増進効果が注目され、碁石茶職人は増加傾向に有ると言われています。

もちろん、健康食品に注力している企業も注目して参入して来るのですが、問題はそれが良い企業かどうかです。

 

冒頭でも触れさせて頂きましたが、碁石茶は非常に手間と時間が必要になりますので、購入を検討されている場合は、出来るだけ歴史が有り、本当の意味で信頼出来る職人さんから購入する事が一番だと思います。

個人ベースで製造している方が安心感が有りますし、何よりも地域活性化に繋がりますので、碁石茶を飲み続けたいのであれば、長い目で見も良いと思います。

 

あと、これは好き嫌いが大きく分かれてしまいますが、碁石茶は苦味が強い物とそこまで強く無い物が有ります。

昔ながらの伝統的な製法で造られている碁石茶は苦いのですが、最近では同じお茶とは思えない位マイルドに仕上げた物も存在します。

 

気になるようでしたら、口コミやレビューを参考にしてみたり、その店舗に気軽に質問してみるのが一番だと思います。

もし宜しければ、「なたまめ茶の効能は?腎機能低下にも最適」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ