杜仲茶は下痢体質に良い?嬉しい成分も豊富

<スポンサーリンク>

杜仲茶は下痢体質の改善だけでは無く、下痢をしている時に不足してしまいがちなミネラル等も豊富に含まれているのが特徴の一つです。

もちろん、下痢を引き起こしてしまっている原因自体を把握し、改善していくのが一番大切ですが、そのサポート的な意味で杜仲茶は優秀だと思います。

 

下痢体質の改善や不足してしまいがちなミネラル分の補給だけでは無く、生活習慣病の予防や改善、健康や美容の増進にも効果的な成分が沢山含まれていますので、体質が改善出来た後も毎日の生活に取り入れて頂きたいお茶の一つです。

また、ノンカフェインと言う点も嬉しく、妊娠中や授乳中、小さなお子様が居られる方に対しても安心して使用出来る点も嬉しいです。

 

どのような成分や効能が下痢に効く?

杜仲茶には、カリウムやマグネシウム、リンや亜鉛等のミネラル、ビタミンc等が豊富に含まれています。

意外と知られていませんが、ビタミンcは腸内の善玉菌の栄養になりますので、腸内の悪玉菌が増え過ぎてしまった事が原因で起こる下痢を腸内環境から改善してくれる働きが期待出来ます。

 

また、「ゲニポシド酸」と呼ばれる神経を良い意味で刺激してくれる成分が含まれています。

血行促進や高血圧を抑える働き、ストレスの緩和等が認められていて、仕事のストレスや緊張等が原因で下痢になってしまった経験が有る場合は、取り入れてみるのも一つだと思います。

 

その他の杜仲茶の効能は、高血糖等の生活習慣病の予防や改善、肥満やストレスの緩和、便秘の予防や改善、肩こりや冷え性の予防や改善、美肌やデトックス効果等が期待出来ます。

そして、「アスペルロシド」と呼ばれる有効成分には内臓脂肪を減らす働きも認められていて「胆汁酸」の分泌を促す事も可能です。

 

下痢を起こしてしまい易い方の食生活として多いのは、悪玉菌が好む「揚げ物」「脂っぽい食事」「ジャンクフード」「肉」の比率が高い事です。

直接的には下痢体質の改善には繋がらないのかも知れませんが、健康増進的な意味合いでは杜仲茶の「アスペルロシド」の効果は魅力的だと思います。

 

更に、ポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」も含まれていますので、アンチエイジング効果が期待出来、食事が脂肪として蓄積されにくい状態にする事も可能です。

近年、杜仲茶に含まれている「クロロゲン酸」は、「脂肪肝」や「糖尿病」の予防や改善にも注目されている成分の一つです。

 

もし宜しければ、「杜仲茶の効能、便秘体質の改善には有効なのか」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ