慢性便秘に下剤を使用する効果と危険性について

<スポンサーリンク>

多くの女性が密かに悩んでいることと言えば、やはり「慢性便秘」ではないでしょうか。

何となく習慣的に下剤を使用してしまう人は意外と多いですね。

 

人にはなかなか言えない上に、病院でお医者さんに相談するのも恥ずかしいと考えている人も少なくありません。

恥ずかしいと言う意識から、ひたすら耐えて薬や漢方薬などに頼るしかないと言う女性も多いことでしょう。

 

慢性便秘は下剤で解消するのが一番?

何日も排便がないと常にお腹が張り、下っ腹がぽっこり出てしまうだけでなく、じくじくとした痛みが伴うこともあります。

非常に辛い慢性便秘ですが、自力ではどうにもならない時は市販の薬を服用すると言う人も多いです。

 

下剤などの市販薬は、確かに慢性便秘に対して有効ですが、その特徴やメリット・デメリットを理解した上で服用することをおすすめします。

 

慢性便秘用の下剤には、大きく分けて2種類存在します

 

【緩下タイプ】

下剤は基本的に緩下タイプと刺激タイプの二種類に分けることが出来ます。

緩下タイプはお腹の中の水分吸収を良くすることで腸の蠕動運動を緩やかに促進させて、やや時間はかかるものの比較的自然に排便を促します。

 

【刺激タイプ】

対して刺激性の場合は、腸を刺激することでより蠕動運動を促進させて排便を促します。

こちらは即効性がありますが、刺激が強いので注意しましょう。

 

どちらの下剤が良いかは人それぞれですが、服用する上でまず理解しなければならないのは、緩下タイプにせよ刺激タイプにせよ、これ等の薬は慢性便秘を改善するものではないと言う点です。

 

慢性便秘を改善する為に効果的なのは?

当たり前の話になってしまうのですが、慢性便秘を改善したいならば、やはり下剤に頼り切りになるのではなく、体質を改善するよう意識するのが一番ですね。

 

下剤や漢方薬、便秘茶などを用いて排便しても、体質を改善したことにはならないので根本的な解決にはなりません。

体質を改善するためには、やはり日頃の生活習慣を見直す必要があります。

 

下剤や便秘茶は、自然排便を行うことが出来ない場合の手段の一つと考える方が良いでしょう。

そう言う意味では、下剤や便秘茶は非常に有効です。

 

しかし、人間の身体は薬物などに対して耐性が出来るように出来ているので、何度も飲み続けるうちに効きにくくなり、大量に飲まないと排便することが出来なくなる可能性もあります。

気を付けなければ、最終的には1シート服用しなければ便が出なくなってしまう、なんてことになってしまうことも……。

 

そのため、便が出なければ市販薬を使って無理矢理出せば良い、なんて考え方は禁物です。

下剤は確かに慢性便秘にも効果的ですが、まずは「五葉茶」のように、健康的にスッキリ出来る便秘茶から初めてみる方が良いですね。

 

五葉茶の成分には危険な物が?キャンドルブッシュのおさらい」の記事も参考にしてみて下さいね。

 

>>五葉茶の詳細はこちらです<<

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ