弛緩性便秘を薬で対処するのが良いのか?「腹筋を鍛えて?」

<スポンサーリンク>

弛緩性便秘は薬で解決しようとすると、より弛緩した状態が酷くなってしまいますので、出来るだけ薬を飲まずに改善する事が大切になって来ます。

ですが、効果的にスッキリしたいのが本音ですよね。

 

弛緩性便秘を薬で対処すると、どんな危険性が?

何日も、ひどい場合には十日近くも便が出ない「便秘」、一度でも経験したことがある人なら分かるでしょうが、とても辛いものです。

しかし、中にはその「便秘」が慢性化してしまい、常に便が出ない症状に悩まされていると言う人も多く、薬を服用して無理矢理出すと言う人も多いと思います。

 

◯ 便秘の種類について

ところで、実は「便秘」にはいくつかの種類があります。

便秘の種類は大きく分けて五つ。

「急性便秘」、「慢性便秘」、「機能性便秘」、「医原性便秘」、「器質性便秘」です。

この中でも「慢性便秘」は更に三つに分かれており、「弛緩性便秘」、「痙攣性便秘」、「直腸性便秘」になります。

 

◯ 弛緩性便秘について

ここではこの三つの中の一つ、「弛緩性便秘」について触れていきます。

「弛緩性便秘」とは、大腸の筋肉が緩むことで蠕動運動が正常に行われにくくなってしまう状態のことです。

 

排便を促す蠕動運動が上手く行われないと、当然便が出にくくなります。

便が腸内にたまっていると、次第に便の水分が失われて固くなり、さらに排便しにくくなってしまいます。

 

「弛緩性便秘」になりやすいのは、内蔵機能が衰えている高齢者や、腹筋が弱い女性、運動不足の人になり易いのが特長です。

確かに、便秘にお悩みの人は男性よりも女性の方が圧倒的に多いですよね。

 

先述した通り、「弛緩性便秘」は腹筋の力が弱くなることで起こるものです。

もしも弛緩性の便秘を治したいと考えているならば、下剤などの薬を服用するよりも、衰えた腹筋を鍛えることが重要です。

 

腹筋を鍛えることで腸の筋肉も鍛えられ、自然と便秘が改善されるようになるでしょう。

便秘を解消し、健康を維持するためには、やはり適度な運動が大事。

いつまでも元気で過ごすためにも、率先して身体を動かすようにしましょう。

 

なお、これは筋肉の衰えにより起こる症状なので、高齢者や寝たきりの方にも起こりやすくなります。

高齢者や寝たきりの方の便秘には、本人だけでなく、家族も十分に注意するようにしましょう。

 

さらに、運動とあわせて食生活を見直すことも重要になって来てしまいます。

食物繊維が含まれている食品や、便意によく聞く便秘茶がおすすめ。

 

便秘茶は、便秘を根本的に解決するものではありませんが、一度腸内をスッキリさせることで腸内環境を整えやすくなりますし、腸内環境を改善する成分が含まれている物も沢山有ります。

 

実際にどんな便秘茶を選ぶべきか迷ってしまっている場合は、「五葉茶」と言う便秘茶が人気も高くて効果的です。

薬に頼るのではなく、食物繊維やビタミン、乳酸菌などを積極的に摂り、腸機能を回復させていきましょう。

 

五葉茶の効果は本当に期待出来る?信頼出来る便秘茶選び」の記事も参考にしてみて下さいね。

 

>>五葉茶の詳細はこちらです<<

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ