弛緩性便秘の予防と改善について

<スポンサーリンク>

弛緩性便秘を予防するのは簡単な場合が多く、一種の「癖」を改善して、何故「弛緩」するのか分かるようになると、すんなりと解決出来る場合が多いです。

 

弛緩性便秘を予防する為には?

皆さんは、「弛緩性便秘」をご存知ですか?

その名称からも分かる通り、「弛緩性便秘」は便秘の中の一つになります。

 

便秘には

● 「急性便秘」

● 「慢性便秘」

● 「機能性便秘」

● 「医原性便秘」

● 「器質性便秘」

の五種類がありますが、その中の「慢性便秘」は更に「弛緩性便秘」、「痙攣性便秘」、「直腸性便秘」の三つに分けることが出来ます。

 

「弛緩性便秘」と言われても、普通の人はなかなかピンとこないかも知れませんが、実は意識していないだけで多くの人がこの弛緩性の便秘に悩まされているのです。

 

弛緩性便秘が起こる原因について

では、「弛緩性便秘」とは一体何が原因でおこる便秘なのでしょうか?

便秘予防の第一歩は、何が原因で起こるのかを知ることです。

 

便秘になってしまう原因が事前に分かっていれば、症状が悪化する前に予防策をたてることが出来るからです。

「弛緩性便秘」の主な原因は、大腸の筋肉の緩みにあります。

 

これにより、本来排便を促すはずの蠕動運動が正しく行われなくなってしまい、頑固な便秘になってしまうのです。

そして、さらに厄介なことに腸内にたまった便は時間をおけばおくほど水分を失って固くなり、余計出にくくなってしまうと言う悪循環に陥ってしまいます。

 

◯ 何故、縮んでしまうのか?

では、一体どうして大腸の筋肉が緩んでしまうのでしょうか。

主な原因は、ずばり運動不足です。

もしかしたら、ドキッとされてしまった方も多いのではないでしょうか。

 

そもそも弛緩性の便秘は、腹筋が弱まることで起こるタイプの便秘なので、若い男性よりも女性や高齢者に多いのです。

便秘の予防法としては、食物繊維やビタミンC、ビフィズス菌などを摂取する食事療法が、一般的ではありますね。

 

◯ 運動や食事だけで改善するには時間が必要

しかし「弛緩性便秘」は、腹筋が弱いことでなってしまう便秘なので、食事だけでは完全に治すことは正直な所難しいと思います。

栄養バランスがとれた食事と、適度な運動が重要だからです。

 

しっかり身体を動かし、弱った腹筋を鍛えるた方がより効果的です。

より効率的に行うのであれば、下剤などの薬や便秘茶を用いるのもおすすめです。

 

下剤や便秘茶で腸内環境を正常な状態に戻すことで、便秘を改善しやすくします。

しかし、下剤や便秘茶を服用する上で気を付けて頂きたいのは、これ等の製品を服用し続けても根本的な解決にはならないと言う点。

 

飲み過ぎると、自然な排便を阻む毒になってしまいますので要注意です。

下剤よりは便秘茶を選ぶようにして、健康や美容、腸の機能回復に効果的な成分が含まれている便秘茶を選ぶ方が良いですね。

 

便秘茶に関しては「五葉茶」と言うお茶が効果的で、美容と健康意識の高い方を中心に人気が高いです。

五葉茶はダイエット向き?ちゃんとダイエットをサポートしてくれるの?」の記事も参考にしてみて下さいね。

 

>>五葉茶の詳細はこちらです<<

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ