弛緩性便秘でガスが溜まり易い場合【便秘を改善】

<スポンサーリンク>

弛緩性便秘はガスが溜まっているのはハッキリと分かるのに、なかなか出ないのが特長ですね。

 

弛緩性便秘でガスが溜まるのは何故?

お腹が妙にはっている。そんな時は、もしかしたらお腹の中にガスがたまっているのかも知れません。

お腹にガスがたまるのは、「弛緩性便秘」の特徴の一つです。

 

「弛緩性便秘」は、腹筋が衰えることで腸の筋肉が減少し、緩んでしまうことで起こります。

特に女性は男性に比べると腹筋が少ないため要注意。実際、便秘は男性よりも女性に多いですよね。

 

◯ 弛緩性便秘について

「弛緩性便秘」では、腸が正常に働かなくなってしまったためにガスがたまります。

普通ならばこのガスは、「おなら」として身体の外へと出ていきますが、便秘の時は上手く「おなら」にすることが出来ず、身体の中に留まってしまいがちです。

 

では、ガスがお腹にたまり続けるとどうなるのでしょうか?

実は、お腹がはるだけではないのです。

ガスが腸にたまることで、まず胃が圧迫されます。

 

胃が圧迫されると悪心、胸焼け、逆流性胃炎などの症状があらわれるため、非常に辛い思いを経験されて来た方も多いのでは?

「弛緩性便秘」を治すためには、食事療法だけでなく、運動をして腹筋を鍛えることも重要になりますが、あわせて「五葉茶」などの便秘茶を飲むとより効果的ですね。

 

逆に、便秘で辛いからと言って下剤の飲み過ぎは禁物。

下剤を飲み過ぎると、次第に身体に耐性がつき、1シート飲まないと排便出来ない身体になってしまった……なんてことになる可能性もあるのです。

 

そうならないためにも、自然に排便出来るような身体を作ることが重要ですね。

そして、その助けになるのが「便秘茶」です。

 

特に「デルモッティ」は効果が高く、ダイエットにも適していると科学的にも言われています。

食べてからすぐに排便を行うことが出来る人は、痩せやすいです。

 

効くのか不安な方は、「デルモッティの効果は本当なの?」の記事も参考にしてみて下さいね。

 

しかしそれは、言い換えればなかなか便が出ない便秘の人は、痩せにくいと言うことでもあります。

「便秘茶」は、飲むことで排便を促し、痩せやすい身体を作ることが出来ます。

 

「便秘茶」には下剤ほどの強い排便作用はありませんが、それ故に身体に刺激が少なく、安全です。

また「便秘茶」自体にも健康や美容に良い成分が含まれているので、そう言う意味でもおすすめです。

 


下剤を飲むくらいならば、便秘茶を飲んで「弛緩性便秘」を治す手助けとし、健康維持を目指してはいかがでしょうか。

 

>>デルモッティの詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ