冬葵葉茶の効果は?頑固な便秘に効く

<スポンサーリンク>

冬葵葉茶は、「冬葵(ふゆあおい)」または「寒葵(かんあおい)」と呼ばれる多年草で、丸みを帯びた紅葉の葉のような五芒星に近いかたちの可愛らしい葉を使用し、漢方薬にも利用されて来ました。

日本には中国から大昔から導入され、「野菜」として栽培されて来ましたが、近年では殆ど食用や漢方に利用される事は有りませんでした。

 

近年では、その利尿作用の高さ、便秘解消効果の高さ等が期待されています。

便秘茶としては珍しく、ノンカフェインと言う点も注目されています。

 

冬葵葉茶の効果は?

便秘体質の改善に効果的で、ニキビやアトピー等の肌トラブルの改善にも効果的で、胃や腸、喉等の粘膜系を保護する効果も期待出来ます。

鎮痛効果も期待出来ますので、風邪や花粉症等で喉等が炎症を起こしている場合にも効果的です。

 

利尿作用も高く、美容や健康にも良く、顔や脚がむくみ易い方にも効果的です。

 

冬葵葉茶の禁止事項

ノンカフェインで便秘解消効果、利尿作用が期待出来ますが、妊娠中の摂取は基本的に禁止されています。

ですが、摂取量や状況、担当の医師の考え方にもよりますので、冬葵葉茶を摂取する場合は必ず相談してからにして下さい。

 

また、冬葵葉茶は直射日光に弱いので、直射日光が当たらない場所で保存するようにした方が良く、梅雨や夏等の湿度が高い時期はどうしてもお茶の出が悪くなってしまいます。

そういった場合は、電子レンジで少しだけ乾燥させたり、トースターやオーブン等で少しだけ乾燥させると出が全然違います。

 

あと、普段から軟便気味や下痢をし易い方、ストレス等でお腹が痛くなり易い方は、冬葵葉茶を薄めに抽出した方が良いです。

冬葵葉茶は、一部の下剤や漢方薬、便秘茶やサプルメントのように、腸が弛緩してしまい、徐々に効果が無くなってしまうと言う事は有りません。

 

便秘茶によっては、便秘解消効果が高過ぎるので週末や月一位しか使用出来ないと言う物も有りますが、冬葵葉茶は薄めに抽出すれば普段飲みも十分に可能な便秘茶です。

ただ、冬葵葉茶は現地では、頑固な便秘に効果的な事で有名ですので、ある程度の加減は必要になります。

 

冬葵葉茶の効果はどこから来る?

冬葵葉茶は主に「クマリン」「サルチル酸」等で構成されています。

「クマリン」は、ポリフェノールの一種で、血液サラサラ効果やむくみ取り、抗菌効果が期待出来ます。

 

ポリフェノールはアンチエイジング効果も高く、毎日摂取したい成分の一つです。

もし宜しければ、「碁石茶は便秘に対してどれ位効く?」の記事も参考にして下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ