便秘茶を飲んで腹痛になるのは何故?

<スポンサーリンク>

便秘茶を飲んで辛い腹痛や下痢になってしまったと言う人も居ますね。

このトラブルの原因として多いのが、便秘茶の用法や容量を守らずに飲んでしまっていたり、決して体調が良く無いのに飲んでしまっている場合が多いです。

 

では何故、腹痛に代表されるようなトラブルが起きてしまうのか?

簡単に言うと、「食品」ですが、「医薬品」としても利用されている材料を使用しているからです。

 

つまり、健康食品として利用出来ますが、その成分を抽出すると薬としても利用出来ます。

ハッキリとした効果が期待出来てしまうので、摂取量には注意しないと腹痛で悩まされてしまう可能性が有ると言う事ですね。

 

腹痛が起きてしまう理由とは?

◯ センノシド

「センナ」「キャンドルブッシュ(ゴールデンキャンドル)」に含まれている成分です。

腸を刺激する事によって排便を促します。

 

ストレスや食生活が原因で消化器系が弱ってしまったり、敏感な状態になると腹痛が起きてしまい易いです。

多量に摂取し続けてしまうと、「弛緩性便秘」になる可能性が高いです。

 

弛緩性便秘になってしまうと、徐々に便秘が効かなくなり、文字通り腸が弛緩してしまいます。

便秘茶の材料にセンナと記載されている場合は、用法用量を守り、便秘体質が改善された後でも、習慣的に飲まないようにする事が大切です。

 

医薬品としての利用

センノシドは体質によって、腹痛さえ引き起こしてしまう位効果が強く、精製した物は「ソルダナ」や「プルゼニド」に代表されるような下剤薬として利用されています。

 

その効果は非常に強く、健康診断での辛いバリウムを一気に体外に排出出来る程です。

便秘茶によっては、病院で処方される下剤と同じ位センノシドが含まれている事が有ります。

 

どんな便秘茶は危険?

どれ位の量が配合されているのかどうかや便秘茶に対して何を求めているのか?

また、体質によって変わってしまいますが、即効性や効果の強さを売りにしている物は効果が強く発揮されるように配合されている可能性が高いです。



 

当サイト管理人は「デルモッティ」を愛飲しています。

効果については「デルモッティの効果は本当なの?」を参考にしてみて下さいね。

 

>>デルモッティの詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ