便秘茶を飲むタイミングに関して忘れないでおきたい事

<スポンサーリンク>

まず、今現在飲まれている、または飲もうとされている便秘茶に記載されている飲むタイミングを参考にするのが一番と言えば一番です。

ですが、実際の所どうなのかが一番気になると思いますし、同じ便秘茶であっても、ある程度継続していると、濃く入れてみたり、薄く入れてみたりと、自分に好きに入れてしまいますよね。

 

時間に合わせて便秘茶を選ぼう♪

◯ 朝飲む場合

その日に仕事や学校など、外出する用事が有る場合は、飲み慣れた便秘茶を選び、やや薄めに淹れる方が良いですね。

特に最近は腸に刺激を与えて便通を整える成分が含まれている場合が多く、状況によっては我慢以外の選択肢が無く、より便秘が酷くなる場合が有ります。

 

朝のタイミングで便秘茶を飲む場合は、抽出時間の半分位で煮出しながら様子を見て調整していくのが一番ですね。

便秘茶を朝食前か朝食後のどちらに飲むのが良いのか迷う場合は、食前に飲む方がタイミング的には良いです。

 

また、朝食を摂らずに便秘茶だけで済まそうとするのは絶対に辞めましょう。

朝食で摂取されたエネルギーは1日の基礎代謝で簡単に消費されてしまいますが、朝食を摂らない場合、効率的に脂肪に蓄えようとする働きが有りますので太りやすい体質になります。

 

それに、最近の便秘茶には便秘解消効果の期待出来る成分(アントラキノン系)が含まれている事が殆どですので、空腹状態の胃を傷付けてしまう可能性が高く危険です。

胃が荒れてしまうと、肌荒れが起きてしまい易いので美容的にも問題が有ります。

 

◯ 昼飲む場合

昼に便秘茶を飲む場合は、ある程度効果が実感出来るまでの時間が逆算出来る位飲み慣れているのなら大丈夫ですが、基本的には薄めに淹れておいた方が良いですね。

昼食時に食前か食後で迷う場合は、食前の方が良いですね。

 

◯ 夜飲む場合

夜に便秘茶を飲む場合は、あまり濃い便秘茶を飲まないようにした方が良いですね。

 

あまり濃い物を選んでしまうと、睡眠中に便意が来て睡眠不足になってしまう可能性が高いからです。

飲むのなら、薄めの便秘茶から入れ始め、調節しながら飲むのが良いですね。

 

特に頑固な便秘で悩んでいる人に多いのですが、下剤代わりに濃く入れて飲むのは危険です。

便秘で腸が長い間、あまり「蠕動運動(ぜんどううんどう)」を行っていない状態ですので、便秘茶で急激に刺激してしまうと腹痛が起きてしまう可能性が有ります。

 

それに、濃く淹れてしまいがちですので、最初は薄めで始める事が大切ですね。

夕食時に便秘茶を飲むタイミングに関しては、食前に飲んだ方が良いですね。

 

もしもダイエット中などで夕食を食べたく無い場合は、濃いめの野菜ジュースやスムージーや春雨スープ等で出来るだけ胃に物を入れた状態で便秘茶を飲むようにしたいですね。



飲み方が気になる場合は、「デルモッティの飲み方はどこを気にすれば良い?」を参考にしてみて下さいね。

 

>>デルモッティの詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ