便秘茶に即効性を求めるのは何が悪い?

<スポンサーリンク>

最近、便秘茶に即効性を求めてしまう事が原因で様々なトラブルが発生しています。

理由は簡単です。

◯ 「薬」や「整腸剤」に近い効果を期待した利用をしてしまっている。

◯ 現在自分が悩んでいる便秘の原因を知らずに飲んでしまっている。

◯ 飲み方自体が間違ってしまっている。

 

では何故、便秘茶に即効性を期待する事でトラブルが発生してしまっているのかについて説明させて頂きます。

 

即効性の理由

便秘茶の中にも様々な種類が有りますが、トラブルが多いのは「プルゼニド」「センノシド」が含まれている便秘茶です。

また、ストレスや過敏性腸症候群等が原因で腸が敏感になってしまっている場合、「プランタゴ・オバタ」の膨張作用によって腹痛等のトラブルが出てしまう事が有ります。

 

ですが、上記の成分に関しては、なかなか聞き覚えの無い物が多いと思います。

有るとしても「センノシド」位かも知れませんね。

それもその筈、上記の物は病院で処方される薬の成分ですので、抽出・精製されています。

 

ここで注意しておきたいのが、即効性の期待出来る便秘茶には、抽出・精製される前の成分が含まれていると言う事です。

 

では、便秘茶のどの成分に含まれている?

◯ プルゼニド

センナと呼ばれる植物の一種から抽出される成分で、主に葉が使用される事が多いです。

かなり強力な下剤で、バリウムを出す時に利用される位です。

 

◯ センノシド

センナにも含まれていますし、ゴールデンキャンドル(キャンドルブッシュ・クリスマスキャンドル)にも含まれている成分です。

比較的少量であっても下剤と同じ効果が期待出来、便秘茶を濃く入れ過ぎたり、飲み過ぎによってトラブルが起きてしまう場合が多いです。

 

◯ プランタゴ・オバタ

オオバコに含まれる成分で、上記の成分のような強い下剤作用は有りませんが、胃や腸内の水分を吸収して何十倍にも膨らみます。

体質によっては、この時に腹痛を感じる時が有ります。

 

結局どうやって便秘茶と付き合えば良い?

つまりは、決して即効性を求めてはいけないと言う事になってしまいますが、出来るだけ早くこの辛い便秘を解消してしまいたいと言うのが本音だと思います。

ですので、飲もうと思っている便秘茶をやや薄めに抽出して飲み始める事が有効的です。

 

結局の所、即効性が高い便秘茶のトラブルが危険視されている理由として一番大きいのが、腹痛では無く「依存性」です。

とある下剤を何十錠も飲んでしまっている人の話は聞いた事は有りませんか?

 

アルコール依存と同じで、どんな人も依存してしまう可能性が高いのでくれぐれも注意して下さいね。

当サイト管理人は「デルモッティ」を愛飲しています。

 

効くのか不安な方は「デルモッティの効果は本当なの?」を参考にしてみて下さいね。



濃く淹れると効き過ぎますが、薄く淹れて飲んでいます。
 

>>デルモッティの詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ