便秘茶にキャンドルブッシュが配合されるのは何が駄目?

<スポンサーリンク>

「キャンドルブッシュを使ってる便秘茶は身体に悪い!」それが最近の傾向の一つとも言えますね。

このような情報が出てしまう原因として多いのが、その効果や効能を理解せずに飲んでしまっている事や、怪しい便秘茶を飲んでしまっている事です。

 

キャンドルブッシュに含まれている成分は、精製する事によって下剤として利用されている位強力です。

もちろん、精製する前であっても、摂り過ぎてしまうと下剤に近い効果を期待する事が可能な位強力ですね。

 

確かに、飲み過ぎてしまうと「腹痛」や「下痢」が起きてしまう位ですが、用法や容量を守り、その便秘茶をしっかりと把握すれば辛い便秘をすっきりと解消する事が可能です。

 

キャンドルブッシュの量を把握する事が大切です。

便秘茶に含まれている場合ですが、

① 常識の範囲内で含まれている。

② 常識の範囲を超えて大量に含まれている。

の二種類です。

当然、②のような便秘茶を飲む事は危険です。

 

しかし、トラブルが多いのは、①のようにキャンドルブッシュ入り便秘茶を飲み過ぎてしまう事や、体調が悪いのに便秘茶を飲んでしまっている事です。

 

キャンドルブッシュを上手く利用する為には?

キャンドルブッシュが使用されている便秘茶を飲む事自体に抵抗が有ると言う人も多いですが、病院で処方される下剤と同じ成分だと言う事ばかりが先行してしまっている感じがします。

ちゃんと利用すれば、そこまで神経質になる必要は有りません。

 

◯ 飲まないと便秘体質に戻る訳では有りません。

毎日便秘茶を飲む人に多いのが、習慣化してしまっている事によるトラブルです。

前半部分で少し触れましたが、キャンドルブッシュ効果が比較的強いので、どちらかと言うと毎日のように摂る事には向いていません。

 

理由としては、キャンドルブッシュは腸を刺激する事によって排便を促しますので、その刺激に対して徐々に慣れて来てしまいます。

このような状態になったとしても、一定以上の期間を開ければまた効くようになります。

 

ですが、キャンドルブッシュが主成分の便秘茶を濃く入れ、摂り過ぎてしまう日がずっと続いてしまうと、腸の機能が低下してしまうので危険です。

 

◯ 最初から焦らない

キャンドルブッシュは効果的な反面、効き過ぎてしまう可能性が有り、まるで諸刃の剣のような側面が有ります。

便秘茶に記載されている量よりも薄めに淹れてから始めた方が良いです。

 

◯ 体調不良時には飲まない

腸を刺激しながら排便を促しますので、ストレスや体調不良時にはキャンドルブッシュが配合された便秘茶を飲むのは控えた方が良いです。

 

キャンドルブッシュを使用した「デルモッティ」を管理人は愛飲していますが、特に問題は有りません。


効くのか不安な場合は、「デルモッティの効果は本当なの?」の記事を参考にしてみて下さいね。

 

>>デルモッティの詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ