五葉茶は腹痛の心配とか無い?センナで腹痛が起きたでも安心?

<スポンサーリンク>

五葉茶はハッキリとした便秘解消効果が期待出来る「カッシア・アラタ(キャンドルブッシュ)」が含まれている事も有り、腹痛になるのでは無いかと心配になるかも知れませんね。

 

安全性については詳しくは後述しますが、妊娠中や授乳中、「痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)」等で悩んでいる人は、五葉茶は飲まない方が良いですね。

 

五葉茶を飲む事による腹痛が心配な方へ

便秘の解消及び改善には、下剤を飲むという方法があります。

しかし、下剤を飲むと、どうしても副作用が心配で仕方無いという方も多いと思います。

 

特に、効き目が強すぎるあまり、下痢になったらどうしようという不安は大きいようです。

そこで副作用を気にせず飲めると人気を集めているのが、便秘茶です。

便秘茶は、基本的に植物成分で作られています。

 

その為、下剤よりも体に優しいという事で、女性を中心に選ばれているようです。

しかし、便秘茶でも副作用が気になるという方もいるのではないでしょうか。

 

◯ 便秘茶の副作用が気になる成分について

実際に、便秘茶によって副作用が起こったという報告も、少なくはありません。

例えば、植物成分のセンナです。

 

これはアフリカ産の植物で、便秘の解消及び改善に効果が期待できる成分です。

その為、センナを配合した便秘茶を飲んでいるという方もいるでしょう。

では、一体どのように体に働きかけるのでしょうか。

 

実は腸は、基本的にセンナを受け付けないようにできています。

その為、受け付けない成分を摂取するした腸は、排出に動き出すというわけです。

こうした仕組みでの便秘の解消及び改善は、様々な症状を引き起こすと言われています。

 

代表的なのが、腹痛や下痢といった症状です。

腸を強く刺激する為、腹痛や下痢などの症状を引き起こしてしまうのです。

 

また、飲み続けていると、腸がその刺激に慣れてしまい、効果が期待できなくなるという事もあります。

そうなると、結果的に便秘に戻ってしまうので、意味がありませんからね。

 

五葉茶は腹痛の心配は無い?

ダイエットサポートにも役立つとして人気を集めている五葉茶には、センナは含まれていません。

五葉茶の場合、キャンドルブッシュや高麗人参、どくだみといった植物成分が、便秘の解消及び改善を働きかけてくれます。

 

その為、センナが配合されているお茶で腹痛を起こした方にも、五葉茶はオススメできます。

また、五葉茶はティーバッグタイプなので、お湯にティーバッグを浸す時間で濃度の調節が可能です。

 

濃い濃度のお茶で腹痛を起こしてしまった経験がある方は、ティーバッグを早めに取り出せば、薄い濃度で飲む事ができます。

 

このように、自分自身にピッタリの濃度で飲めるというのも、五葉茶が人気を集めている秘密とも言えると思います。

五葉茶は副作用を気にせず気軽に飲める?便秘茶業界の内情」の記事も参考にしてみて下さいね。

 

>>五葉茶の詳細はこちらです<<

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ