五葉茶は授乳中でも安心して飲む事が可能?

<スポンサーリンク>

五葉茶は授乳中でも安心して飲む事が出来るのか不安になりますよね。

授乳中のお母さんはストレスや運動不足等から便秘になり易く、肌コンデイションも乱れてしまいがちですからね。

 

五葉茶は授乳中に飲んでも大丈夫なの?

妊娠中は、カフェインが入っているお茶は控えるべきと言われています。

何故なら、カフェインを摂取しすぎると、お腹の中の赤ちゃんが興奮状態になってしまうからです。

 

その為、出産後も夜鳴きが多かったり、落ち着きがないといった事が報告されています。

こうした事から、妊娠中はノンカフェインのお茶を飲むようにしましょう。

 

しかし、時には紅茶やコーヒーが飲みたくなる事もあると思います。

そんな時には、我慢をせずに飲んで構わないと言う意見も有ります。

 

勿論、大量に飲むと赤ちゃんに対して影響を与えてしまいます。

そこで、1日に1杯から2杯程度を目安に飲むようにしましょう。

 

個人的には、濃く煮出した麦茶を原液で飲んだり、牛乳で薄める事によって、コーヒーを飲んでる気分になるのでオススメです。

 

また、最近数多く販売されている便秘茶には、ノンカフェインのものが多数あります。

便秘茶とは、植物成分で出来た体に優しいお茶であり、お通じの改善に役立ちます。

 

お通じだけでなく、ダイエット効果も期待できる便秘茶として、現在注目を集めているのが五葉茶です。

この五葉茶もノンカフェインとなっているので、安心して摂取する事が出来るでしょう。

 

しかし、五葉茶に含まれるハトムギエキスと延命草、カッシア・アラタには注意が必要です。

ハトムギエキスは、美肌や保湿効果が期待できる、美容成分です。

 

一方の延命草は、胃の調子を整える働きを持った成分です。

また、カッシア・アラタは「キャンドルブッシュ」の事です。

一見すると、これらの植物成分は、何の問題はないと言えるでしょう。

 

しかし、授乳中の場合、母乳に影響を与える事が指摘されています。

特にハトムギエキスは、日本産婦人科科学会の資料にも、授乳中は控えた方が良いと記載されているほどです。

 

そして、本来ならばダイエットやぽっこりお腹の改善をサポートしてくれる延命草も、ハトムギエキスと同様に控えるべきと言われています。

その為、ハトムギエキスや延命草を配合した五葉茶は、妊娠中は勿論、授乳中も控えるようにしましょう。

 

ちなみに、授乳を終えれば便秘茶を飲む事は問題ありません。

その為、産後太りが気になるという方は便秘茶で、出産前の体型を取り戻してみてはいかがでしょうか。

 

特に五葉茶は、ダイエッターのサポートを行うという事で、高い人気を集めています。

勿論、産後太りにも効果が期待できるので、普段飲んでいるお茶を便秘茶に変更してみる事をオススメします。

 

授乳中の便秘解消には高純度のオリゴ糖等が副作用等の心配も無く、安心して飲む事が可能です。

 

>>>授乳中にオリゴ糖が良い理由

(便秘解消情報局と言う別サイトに飛びます)

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ