五葉茶は妊婦さんが飲んでも大丈夫?ホントの話

<スポンサーリンク>

妊婦の方に多い悩みが、お通じにまつわる悩みだと思います。

実際に、妊娠中は便秘になりやすいと言われています。

その理由としては、大きく4つの要素が挙げられます。

 

◯ 妊娠中に便秘が起こる主な原因について

赤ちゃんの成長

まずは、赤ちゃんの成長につれて大きくなる子宮です。

 

大きくなった子宮は、どうしても腸を圧迫してしまいますので、便が腸で詰まりやすい状況になります。

また、排便を促す指令が脳から送られますが、それも鈍ってしまいがちです。

 

黄体ホルモンの分泌

続いて、黄体ホルモンの分泌です。

黄体ホルモンは女性ホルモンの一種で、妊娠中は多く分泌されます。

 

この黄体ホルモンの影響で、腸の運動機能が低下すると、どうしても便秘になりやすくなってしまうのです。

 

ストレス性

また、妊婦の多くがストレスを感じていると言われています。

ストレスを感じると、腸の運動機能が鈍ってしまうので、ストレスを上手に解消する事も大切です。

 

食事によるもの(主に水分摂取)

さらに、つわりで思うように食事が食べられなくなると、体内は慢性的な水分不足に陥ってしまいがちです。

 

人間の体は、1日の食事からおよそ1リットルの水分を摂取していると言われていますので、つわりで食事が食べられなくなると水分不足になります。

水分不足では便が腸の中をスムーズに流れなくなり、排便も困難になってしまうと言う訳です。

 

これらの理由によって、妊娠中は便秘になりやすくなっています。

だからといって、お腹の中の赤ちゃんの事を考えると、下剤を飲む事はまず出来ません。

 

そこで、植物成分由来の便秘茶なら飲んでも良いのでは?

と考えてしまう妊婦は、実は多いようです。

 

妊婦には、麦茶やルイボスティーのような、ノンカフェインのお茶を飲んだ方が良いと勧められています。

便秘茶の多くも、ノンカフェインとなっているのでピッタリと感じる事でしょう。

 

◯ 妊娠中に便秘茶を飲む事は危険?

しかし、便秘茶に含まれる植物成分の中には、妊婦が摂取を控えるべき植物成分も含まれています。

例えば、五葉茶はノンカフェインの便秘茶ですが、キャンドルブッシュと延命草が配合されています。

 

キャンドルブッシュと延命草について

キャンドルブッシュは、美容と健康に効果的な成分を含んだ、女性にとって嬉しい植物成分です。

そして延命草は、胃痛や胸焼けの改善、食欲増進といった働きが期待できる植物成分です。

 

ですが、五葉茶に含まれるこれらの成分はいずれも、妊婦は摂取を控えるべきだと言われている植物成分です。

その為、妊娠中にどうしても五葉茶を飲みたいといった場合には、必ず産婦人科医に相談してから飲むようにしましょう。

 

もし妊娠中の便秘で悩まれているのでしたら、高純度のオリゴ糖が効果的です。

高純度オリゴ糖は副作用等の心配も無く、妊婦さんや授乳中の方でも安心して飲む事が出来るのが特長です。

 

参考記事:便秘解消情報局

オリゴ糖を授乳中に飲むと良い理由について

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ