下腹ぽっこりは病気のシグナル?一体どうするべきなのか

<スポンサーリンク>

◯「この下腹ぽっこり、病気?もしくは病気のサイン?」

年齢を重ねてしまうと、気になるのが下腹のぽっこりだと思います。

ピッタリなシルエットの洋服を着ると、下腹だけが見事にぽっこりされている方も居ます。

 

◯ 「こんなにフックラしていて、病気なのでは?」

そう家族の方から、何かしらの病気を心配されたと言う方もいらっしゃるのでは無いでしょうか。

 

下腹ぽっこりは病気を引き起こしてしまうのか

確かにウエスト回りにお肉が付いていると、不健康な印象を与えます。

 

● 「日頃からスポーツを余りして居ない。どちらかと言えば運動不足だ」

● 「ビールや日本酒などを毎晩のように、飲む事が多い」

● 「仕方の無い事だけれど、仕事などで帰りが遅くなってしまう」

● 「どちらかと言うと、不規則なライフスタイルを送って居る」

● 「朝食を余り取らない。むしろ朝食を食べると言う事が無い」

● 「ファストフードで済ませる事が多い」

● 「ストレスを溜め込みやすい」

 

乱れた生活を送っていると、病のリスクも気になる所です。

ですが、ポッチャリは本当に病と関係があるのでしょうか。

 

下腹ぽっこりの様々なタイプについて

ウエスト回りが、ふっくらとするボディの崩れ。

まだあまり知られては居ないのですが、実はタイプは数種類あるそうです。

 

一つは皮下脂肪型。皮膚と筋肉の間に付く脂肪に寄って、太って見えるタイプです。

そして二つ目は、便秘などで宿便やガスが溜り易い、ポッチャリタイプ。

 

このタイプは女性に多く、トイレに悩んでいる女性のタイプが、便秘型のポッチャリに悩まれているそうです。

ケア方法としては、スムーズなトイレタイムを促してあげる事です。

 

● 「適度なストレッチを心がける」

● 「トイレタイムを我慢しない」

● 「食物繊維や水分をタップリ取る」

体調を見て、サプリメントや健康食品を用いる事も一手です。

改善し易いタイプとも言えるでしょう。

 

最後が内臓脂肪型のポッチャリ。内臓に付着する怖い脂肪です。放っておくと、ドロドロ血の原因や、成人病の要因に成る事も有るそうです。

 

もちろん、下腹ぽっこりの改善にはライフスタイルの見直しも大切

ウエストが気になった方は、その日から毎日のライフスタイルを見直して上げるチャンス。

 

● 「美味しいからと、アルコールやタバコに頼りすぎて居ませんか?」

● 「辛い事は面倒だからと、体を動かす事を億劫がっていませんか?」

● 「毎日の食事、食物繊維は足りて居ますか?」

 

ちょっとした所を見直すだけで、体は元気を取り戻してくれます。

最近ではダイエットを行う方をサポートしてくれる、健康食品なども数多く出ています。

 

この様な物を適度に取り入れるのも、一つの方法だと思います。

キャンドルブッシュについては「便秘茶にキャンドルブッシュが配合されるのは何が駄目?」を参考にしてみて下さいね。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ