ルイボスティーは下痢体質の改善にどれ位良い?

<スポンサーリンク>

ルイボスティーには腸内環境を良くする働きが有り、便秘や下痢体質の改善や、アレルギーや花粉症、アトピー体質の改善にも有効的です。

また、他の便秘茶やお茶とは異なり、カフェインレスなのも良く、低体温気味で就寝前に温かいお茶を飲みたい方も安心して飲む事が出来るのも魅力です。

 

ルイボスティーで下痢になる?

最近の便秘茶や美容茶等には、「センナ」「キャンドルブッシュ(ゴールデンキャンドル)」等が含まれている事が多く、普段から軟便気味の方が飲んでしまった場合、一過性の下痢を引き起こしてしまう場合が有ります。

 

ルイボスティーには、一過性の下痢を引き起こしてしまうような、「ビサコジル」等の腸を強く刺激する働きが危険視されているような成分は含まれていません。

基本的には、普通のお茶が飲めるようになった位の年齢以上であれば、年齢や性別を問わずに飲む事が可能です。

 

非常に稀にルイボスティーに含まれている微量の「タンニン」が原因で下痢を引き起こしてしまう可能性は有ります。

「お茶」「柿」「赤ワイン」等を飲んで下痢になってしまった事が有る方は、ルイボスティーの「濃さ」を意識して飲んだ方が良いとは思います。

 

ですが、「タンニン」は大量に摂取すると「収れん性」によって「便秘」になるのが一般的ですので、可能性としては、低いので殆どの方は気にしなくても大丈夫だと思います。

あと、考えられるのは、「マグネシウム」です。

 

ルイボスティーで下痢体質の改善は可能?

腸内の悪玉菌を減らす働きも期待出来ますので、腸内環境が原因での下痢を根本的に改善する事も可能です。

また、高いリラックス効果も期待出来ますので、ストレス等が原因での下痢に対しても有効です。

 

ルイボスティーの成分について

「カルシウム」「マグネシウム」「鉄」「亜鉛」「ビタミンB1」「ビタミンB2」等、女性にとっても嬉しい成分が含まれていて、「マンガン」「銅」「ナトリウム」や、「フラボノイド」が含まれています。

 

下痢とは関係有りませんが、アンチエイジング効果が高いのが特徴で、老化の原因となる「活性酸素」を減らす働きが期待出来ます。

 

ルイボスティーは1日辺りどれ位飲むのが理想?

もちろん、他の成分等が含まれている場合や、濃さ等にも関係して来ますが、成人した方でしたら、1日辺り杯までが望ましいです。

先ほどでも説明しましたが、カフェイン等が含まれて居ませんので、朝・昼・夜のように、ある程度の間を開けて飲むのも良いですね。

 

沢山飲まれるのでれば、薄めたりした方が良く、沢山摂ったからと言って下痢や便秘が劇的に改善されると言う事は考えにくいです。

キャンドルブッシュに関しては、「キャンドルブッシュの副作用は?こんな人は飲むべからず」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ