ルイボスティーに副作用?水銀の噂

<スポンサーリンク>

ルイボスティーにはカフェインが含まれていませんので、まだまだ小さなお子様やご高齢者様、妊娠中や授乳中の方でも安心して飲む事が出来ます。

数ある健康茶や便秘茶の中でもルイボスティーは身体への負担が少なく、副作用が殆ど無いと言うのも特徴です。

 

ルイボスティーで便秘体質の改善?

腸内の善玉菌を増やす事が出来、腸内環境を正常な状態に戻す働きも有りますので、便秘だけでは無く、下痢や軟便が続く事によって悩まれている方にも最適です。

腸を刺激する事によって無理矢理排便を促すタイプのお茶では有りませんので、常識の範囲内での摂取であれば副作用等の危険性も有りません。

 

お母さんが便秘気味でお子様が心配な場合にも

何か特殊なアレルギーで無い場合、ルイボスティーを飲む事によって副作用のような症状が出る事は考えにくいです。

既にご存知だと思いますが、子供の腸内環境は母親から引き継ぎます。

 

もちろん、生まれて来てからの環境によって大きく変わって来ますので、お母さんが慢性的な便秘だとしても悲観する必要は全く有りませんし、お母さん自身もこれから意識する事によって腸内環境を改善する事は、十分に可能です。

 

その場合には、大切なお子様と一緒にルイボスティーを摂取するのも正解の一つだと思います。

当然、腸内環境は日々の食事環境や生活環境にも大きく関係して来てしまいますが、補助的な意味合いではルイボスティーは有効的です。

 

ルイボスティーの魅力

体内で合成する事は出来ないが生命活動を維持していく上で必要不可欠だと言われている5大栄養素の一つ「ミネラル」が豊富に含まれている事も特徴です。

特に「ミネラル」が不足してしまった場合、酷い倦怠感や持久力の低下等、最悪の場合、日常生活に支障をきたす可能性も高くなります。

 

夏のように汗や尿等が沢山排出される季節は、どうしてもミネラルが不足してしまいがちです。

ルイボスティーはカフェインレスで副作用の危険性も有りませんし、冷たくても美味しいので、重宝出来ると思います。

 

水銀による副作用が有ると言う噂について

ルイボスティーは南アフリカの限られた土地でしか栽培されて居ません。

南アフリカと言えば、鉱物資源で有名でその流れから水銀による汚染が心配されています。

 

もちろん、そのような危険な物が日本に輸入される事は殆ど有りませんが、副作用以上に心配だと思います。

その場合は、販売している公式サイト等で「水銀調査済み」「日本食品分析センター分析済み」等と記載している物を購入すると完璧だと思います。

 

もし宜しければ、「ルイボスティーは下痢体質の改善にどれ位良い?」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ