ペパーミントティーは便秘体質の方が飲むべき?本当の話

<スポンサーリンク>

ペパーミントティーには、腸の痙攣を抑えたり、悪玉菌の増殖によって引き起こされてしまう「おなら」の発生を抑える働きが期待出来ます。

また、消化不良等を防ぐ働きも期待出来ますので、便秘気味で悩んでいる場合だけでは無く、下痢や軟便、腹部膨満感で悩んでいる方にも有効的です。

 

それに、ストレスや緊張による「自律神経」乱れが原因でも便秘に対してもペパーミントティーは有効的ですので、原因不明のイライラを抑える等、リラックス効果も「メントール」の成分から期待出来ます。

カフェインも含まれていませんので、就寝前に飲む事が出来るのも特徴です。

 

ペパーミントティーの主成分

「メンソール」

メンソールは、「血管拡張作用(局所)」や「皮膚刺激作用」等も有り、医療品として利用されている位です。

東洋医学的な意味合いでも「下痢」「便秘」に処方される事が有ります。

 

また、一時的に炎症を感じにくくする働きも有り、頭痛や風邪、吐き気や喉の痛みの緩和にも利用される事も有ります。

 

「フラボノイド」

広い意味で言う所の「ポリフェノール」の事です。

血管を丈夫にし、機能を向上させる働きや、アンチエイジング効果が期待出来ます。

 

「菌」や「ウイルス」等から身体を守る働きも有り、アレルギー体質の緩和への効果も期待出来ます。

血圧の上昇を抑える働きと便秘体質の改善への効果も期待出来ますので、高血圧で悩み、医師から「カルシウム拮抗剤」を処方して頂いて便秘気味の方に対しても、ペパーミントティーは有効的だと言えますね。

 

高血圧に対して処方される「カルシウム拮抗剤」には、副作用として便秘が出てしまう可能性が有りますし、ペパーミントティーは薬との併用も問題有りませんので、毎日の生活に取り入れてみるのも良いと思います。

 

「アズレン」

喉の痛み等にも有効的ですので、風邪を引いた時に喉に出やすい場合や、花粉やアレルギー等が原因で喉に痛みを感じやすい場合に有効的です。

また、ペパーミントティーには、アレルギーやアトピー、花粉症の原因となる腸内環境の改善に対しても有効的ですので、期待出来ます。

 

ペパーミントティーのその他成分

上記の「フラボノイド」「メンソール」「アズレン」の他に、「タンニン」や「ミントポリフェノール」「精油成分」等が期待出来ます。

 

一般的に「タンニン」は過剰摂取してしまうと便秘の原因になると言われていますが、ペパーミントティーを常識の範囲内で摂取しているのであれば、問題は有りません。

それよりも、その他の成分による健康増進効果や、便秘解消効果の方が魅力的です。

 

もし、宜しければ、「そば茶の栄養素には何が有る?「ルチン」を効率良く」の記事も参考にして下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ