プーアル茶で痩せたのは当然?効能も凄い

<スポンサーリンク>

プーアル茶を飲んで痩せた方が多い理由は、「没食子酸(もっしょくしさん)」と「重合カテキン」の効能によるものも大きいです。

この2種類の成分は、発酵させた場合にのみ生じる成分です。

 

カフェイン含有量は他のお茶よりも少なめですので、痩せたい時に避けなければならない睡眠時間等も回避する事が出来ます。

プーアル茶は熟成度合いによって、「生茶」「熟茶」に分ける事が可能です。

 

カフェイン含有量に関しては、「熟茶」の方が少ないです。

妊娠や授乳中に飲んで痩せたと言う方も居られますが、カフェインが含まれていますので、摂取量には気をつける必要が有りますし、体質によっては適してはいません。

 

プーアル茶の没食子酸について

発酵させた茶葉に含まれる成分で、腸内に到達した時、食事中に含まれている「脂分」の吸収率を下げる効能が有ります。

また、脂肪の燃焼を効率良く行う効能も期待出来ますので、私達のように少しでも痩せたい人には嬉しい成分ですね。

 

重合カテキンで痩せたって本当?

プーアル茶は発酵時に「重合カテキン」と呼ばれる成分も生成します。

一般的に販売されているお茶に含まれている「カテキン」が多数結合している事が特徴で、分子が大きい事も特徴です。

 

「重合ポリフェノール」に近く、「重合カテキン」にも食事中に含まれている「脂肪」の吸収率を下げる効能が期待出来、痩せたい人を中心に注目されて来ています。

 

プーアル茶を飲んで痩せた人が多い理由

私達が普段当たり前のように行っている食事は、咀嚼され、唾液や胃液等の様々な場所で消化されされ、分解されます。

食事中に含まれている「脂肪」は、体内に入った後、「胆汁酸」によって「乳化」され、分解されてから蓄積されます。

 

このマヨネーズやドレッシングのように、本来ならば分離する筈の油分と水分が「乳化」して合わさってしまいますので、この「乳化」を邪魔してしまうと蓄積されにくいと言う事です。

 

プーアル茶に含まれている「没食子酸」には、この「脂肪」の乳化を邪魔する効能が期待出来ますので、いつもと変わらない食事内容であったとしても、気が付いた頃には「痩せた」と言う方が居ても何ら不思議な事では無いと言う事です。

また、デトックス効果が高い事も特徴で、便秘体質の改善や身体のむくみ等を解消する事も可能です。

 

ダイエッターに人気のお茶ですので、どうしても「痩せた」系の話ばかりに注目されてしまいがちですが、健康や美容にも嬉しい効能が沢山有るのも人気の理由かも知れません。

もし宜しければ、「プーアル茶の効果は便秘解消だけじゃ無いんです♪」の記事も参考にして下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ