ハトムギ茶には、どのような効果が期待する事出来る?

<スポンサーリンク>

ハトムギと言えば、美白化粧品等によく使われている事も有り、便秘だけでは無く、健康にも良い事は有名です。

「ヨクイニン」と言う成分名でも有名で、ハトムギの種の皮部分を除去して乾燥させた物です。

 

現在では、東南アジアを中心として栽培されていますが、日本だけでは無く、中国でも古くから利用されて来た歴史が有り、「不老長寿」効果も期待されて来ました。

注意点としては、妊娠中に使用する事は出来ない事です。

 

理由は、体外に排出する働きが強く、胎児にあまり良くないと言われているからです。

 

ハトムギ茶にはどのような効果が期待出来る?

◯ 胃のコンディションを良くする効果

◯ 肌コンディションを整える効果

◯ 各種生活習慣病を予防したり、改善する効果

◯ 体内の老廃物を効率良く排出する「デトックス効果」

◯ 腸内環境を整え、自己免疫機能を向上させる効果

◯ 抗酸化作用「アンチエイジン効果」

 

ハトムギ茶の成分はどのような物が?

お茶としても利用されている理由は、豊富な食物繊維が含まれている事も大きいと思います。

それに、「コイクセノリド」と呼ばれる成分も注目されていて、「ガン」「ポリープ」等の予防やイボ取り効果、肝機能の向上等も期待されています。

 

また、抗酸化作用が高く、ビタミンB1・B2・B6、カルシウムや鉄分、脂質やタンパク質等も含まれています。

 

◯ 「ビタミンB1」「ビタミンB2」「ビタミンB6」

◯ 「ナイアシン」 ◯ 「葉酸」 ◯ 「パントテン酸」

◯ 「食物繊維」 ◯ 「ナトリウム」 ◯ 「カリウム」

◯ 「カルシウム」 ◯ 「マグネシウム」 ◯ 「リン」

◯ 「鉄」 ◯ 「亜鉛」 ◯ 「銅」

◯ 「マンガン」

 

ビタミンB1は「チアミン」とも呼ばれていて、糖質や脂肪酸等の代謝を促進する働きが期待出来、不足してしまった場合は、神経に異常が出てしまったり、「脚気」を発症してしまう可能性も高くなってしまいます。

 

ビタミンB2は、「リボフラビン」「ラクトフラビン」とも呼ばれていて、炭水化物やタンパク質、脂肪等の代謝を促進する働きが期待出来ます。

肌や髪の毛、爪を維持する為に必要不可欠な成分とも言え、不足してしまった場合、粘膜の炎症や各種皮膚病を引き起こしてしまう可能性が高くなります。

 

ビタミンB6は、摂取したアミノ酸を分解する働きや、神経の乱れ等を整え、正常な状態にする為に必要不可欠な成分とも言えますが、腸内で自動生成されますので、そこまで意識する必要は有りません。

 

ほうじ茶の効能について|便秘にどれ位効くの?」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ