ハスの葉茶の効果は?楊貴妃愛飲の秘密

<スポンサーリンク>

ハスの葉茶は、太りやすいと言われていた楊貴妃が美容と健康を維持する為に愛飲していた事でも有名で、便秘体質や血行不良も改善出来るとして注目されている便秘茶の一つです。

成分的に見ても自己免疫機能を向上させる効果の期待出来る成分やアンチエイジング効果が期待出来る成分、美肌効果が高い成分も含まれていますので、毎日の食事では不足してしまいがちな成分を補う事も可能です。

 

原産地の一つである中国では、揚げ物料理を食べた後にハスの葉茶を飲む習慣が有る方も多い位で、デトックス効果が高いお茶の一つと言えます。

カフェインが含まれていませんので、一般的なお茶やコーヒーや紅茶等を飲んでしまうと、どうしても眠れなくなってしまうと言う方でも安心して飲む事が出来ます。

 

中国原産と言うと過剰に反応してしまう方も多いのですが、日本国内でもハスの葉茶を製造している所も有りますので、気にあるようでしたら、そちらから購入するのも一つだと思います。

 

ハスの葉茶の効果はどこから来る?

ハスの葉茶は、「アルカロイド」「フラボノイド」「ビタミンB12」「ビタミンC」「ミネラル」「葉緑素」「食物繊維」「オリゴ糖」から構成されています。

「アルカロイド」は、植物に含まれている窒素化合物の一種で、自己免疫力を向上させる効果の他に、痛みを抑える効果が期待出来ます。

 

「フラボノイド」には、アンチエイジング効果や血行不良を改善する効果が有り、「ビタミンB12 」には、貧血を予防する効果や神経の乱れを改善する効果が有ります。

「ビタミンC」には、便秘体質の改善だけでは無く、アンチエイジング効果や肌コンディションを上げる効果も期待出来ます。

 

「ミネラル」には、自己免疫力の向上と血液を健康的な状態に維持する効果が期待出来、「葉緑素」には、自己免疫力の向上と殺菌効果、血液中の悪玉コレステロール量を減らす効果が期待出来ます。

「食物繊維」には、便秘体質の改善だけでは無く、血糖値を正常な状態にする効果も期待出来ます。

 

ハスの葉茶に含まれているオリゴ糖は「ラフィノース」と呼ばれる種類で、少しの甘みを感じられ、腸内に存在する善玉菌の量を増やす事が出来、便秘体質の改善効果が期待出来ます。

「レンコン」は便秘や健康にも良いので有名ですが、ハスの葉茶にもこれだけ魅力的な効果が期待出来る成分が含まれているにも関わらず、あまり一般的なお茶では無いのが不思議です。

 

もし宜しければ、「下剤でお腹をぺったんこにするのは本当に効率的なのか」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ