ハスの葉茶の副作用は?成分構成から調査

<スポンサーリンク>

ハスの葉茶は、「ヌシフェリン」「ロエメリン」等のアルカロイド、「ネルンボサイド」等のフラボノイド、ビタミンC、ミネラル、葉緑素、「ラフィノース」等のオリゴ糖から構成されています。

美容や健康、便秘体質の改善にも良く、世界三大美女「楊貴妃」も愛飲していた事でも有名ですが、副作用が気になる所だと思います。

 

成分から見た副作用

◯アルカロイドの副作用

ハスの葉茶に含まれているのは、「植物アルカロイド」とも呼ばれ、近年は「がん細胞」の活性化を阻害する働きも期待されています。

アルカロイド自体は、医療分野で利用される事も多く、副作用等も心配される場合も有りますが、ハスの葉茶を普通に飲む位であれば、心配は有りません。

 

◯フラボノイドの副作用

ハスの葉茶に含まれているフラボノイドは、「苦さ」等の複雑な味を作り上げる為に必要不可欠な成分の一つで、常識の範囲内で摂取するのであれば、副作用の心配は有りません。

むしろ、「抗酸化作用」「抗ガン作用」「血圧の正常化」「各種生活習慣病の予防や改善」「細胞の劣化を防ぐ」等の効果が高いので、積極的に摂取したい成分の一つです。

 

◯ビタミンCの副作用

ハスの葉茶い含まれているビタミンCは、美白や美容に効果が有り、腸内の善玉菌を増やす事が出来ます。

ビタミンCだけを過剰摂取してしまった場合、副作用的な意味で「一過性の下痢」を起こしてしまう方も居られる可能性は有ります。

 

副作用が指摘されている量は、「1000mg」ですので、ハスの葉茶を普通に飲む位では問題は無く、それだけの量を飲む方が難しいです。

 

◯ミネラルの副作用

ハスの葉茶に含まれているミネラルは、過剰摂取してしまった場合は副作用の心配が有りますが、副作用が心配されているのは、「鉄」「カルシウム」「マグネシウム」「亜鉛」「輪」等を高純度に精製した物を、用法用量を守らなかった場合の話です。

普通にハスの葉茶を摂取しているのでしたら、副作用の心配は有りません。

 

◯葉緑素の副作用

ハスの葉茶に含まれている葉緑素は、「クロロフィル」とも呼ばれ、世界中の国際期間から高い安全性が認められています。

ただ、高濃度に精製した葉緑素を過剰摂取してしまった場合、粘膜系の異常や皮膚の異常等が指摘されています。

 

◯オリゴの副作用

ハスの葉茶に含まれているオリゴ糖は、腸内細菌の栄養になりますので、過剰摂取してしまった場合、「一過性の下痢」を起こしてしまう可能性が有ります。

もちろん、ハスの葉茶を常識の範囲内で飲んでいる場合は、副作用の心配は有りません。

 

もし宜しければ、「ハスの葉茶の効果は?楊貴妃愛飲の秘密」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ