デルモッティは妊娠中でも飲めるの?【真実】

<スポンサーリンク>

妊婦の4人中3人が、妊娠中の便秘で悩んでいると言われていますね。

その理由としては、まず赤ちゃんが水分を必要としているという事が挙げられます。

 

赤ちゃんに水分が行き渡る分、便の水分が奪われているからです。

また、赤ちゃんの成長と共に子宮が大きくなっていきます。

 

その大きくなった子宮が腸を圧迫する事で、腸の運動の妨げとなってしまうのです。

腸の運動が妨げられると、どうしてもスムーズに排便する事は難しくなってしまいます。

 

また、プロゲステロンと呼ばれるホルモンの分泌も、妊娠中の便秘に影響を与えいると考えられています。

「黄体ホルモン」とも呼ばれていますね。

 

プロゲステロンが分泌されると、腸の運動機能が抑えられてしまいます。

その上、ホルモンバランスの変化によって、自律神経にも乱れが出てしまい、その影響で便秘になるという方もいるようです。

 

このように、妊娠中は便秘になりやすい体内環境と呼ぶ事が出来ます。

その為、少しでも解消したいと考える方が多いのではないでしょうか。

 

しかし、お腹の中の赤ちゃんへの影響を考えると、薬を飲む事には抵抗があるはずですし、副作用等の心配も有りますからね。

そこで、最近数多く販売されている、植物成分を配合した便秘茶を試す妊婦の方も多いようです。

 

デルモッティもそんな便秘茶の一つとして、人気を集めているハーブティーです。

デルモッティに配合されている22種類の植物成分は、いずれも厚生労働省が食品として認めているものばかりです。
下痢が気になる方も、デルモッティを飲んでも大丈夫?」の記事も参考にしてみて下さいね。

 

その為、問題は無いのでは?と考える妊婦の方も少なくはありません。

しかし、キャンドルブッシュ、キダチアロエ、サラシア、カワラケツメイといった植物成分は、妊娠中は摂取を控えた方が良いと言われています。

 

その為、公式サイトでも念の為に摂取を控えるよう呼びかけています。

どうしても便秘茶を飲みたいという場合は、必ず産婦人科医に相談しましょう。

 

ただ、注意して頂きたいのが、有害な物質が入っているから摂取を控えて欲しいという事では無いという事です。

デルモッティに使用されているのは、100%天然ハーブの安心して飲む事ができる植物成分です。



 

つまり、赤ちゃんの発育にとって大事な時期だからこそ、何かあってからでは困るので、控えて欲しいという事なのです。

妊娠中の便秘に関する悩みは、まず産婦人科医に相談して、適切な指示を頂くのが確実ですし、何よりも安心ですからね。

 

>>デルモッティの詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ