ジーデトックスハーブティーは強力過ぎる?

<スポンサーリンク>

ジーデトックスハーブティーは、漢方等でお馴染みのハーブを中心に62種類も配合しているのが特徴です。

病院で処方される下剤とほぼ同じ成分が含まれている「ゴールデンキャンドル」や「難消化性デキストリン」、「フラクトオリゴ糖」や「乳酸菌」等の便秘体質が改善出来る成分が含まれていますので、科学的に見ても効かないと言う事は考えにくいと思います。

 

ジーデトックハーブティーの副作用について

ゴールデンキャンドルを中心にスパイスが豊富に含まれていますので、胃や腸の粘膜が弱っている場合や荒れている場合、機能自体が低下してしまっている場合等は痛みや吐き気等が起きてしまう可能性が有ります。

ジーデトックハーブティーの商品説明自体にも、初めて飲む場合は、休日前に飲む事から始める事を推奨しています。

 

また、ゴールデンキャンドルは腸を刺激する事によって排便を促しますので、妊娠中や授乳中に飲む事は出来ません。

もちろん、軟便や下痢気味の方、ストレスによってお腹の調子が悪くなる事が有る方も注意が必要だと思います。

 

もし宜しければ、「そば茶にはどのような効能が期待出来る?」の記事も参考にしてみて下さい。

 

ジーデトックハーブティーの注意点

あくまで、便秘気味の方や、美容的な意味での宿便が気になる方が休日前に飲む便秘茶であって、快便体質の方や便秘で悩んでいない方には適しているとは言えません。

最近は、1日に1度や2日に一度程度でも便秘だと誤解されている方が多いのですが、特に女性であれば2日位出ないのは、正常の範囲内です。

 

特に悩み事や仕事、緊張等のストレスで数日単位の便秘になってしまう経験が有る方は、自律神経系、腸や粘膜が繊細に出来ていますので、腸を刺激してしまうタイプの便秘茶は適して無いとも言えます。

また、ジーデトックハーブティーに含まれているゴールデンキャンドルは、毎日のような高い頻度で飲んでしまうと同じ分量では効かなくなって来てしまいます。

 

理由は、ゴールデンキャンドルの刺激に対して腸に耐性が出来てしまうからです。

ジーデトックハーブティーは、便秘茶の中でも比較的強力な種類ですので、ここぞと言う時に飲むようにした方が良いと思います。

 

成分的に見ると「甘草」も含まれていますので、他のゴールデンキャンドルが含まれている便秘茶よりも身体への負担は緩やかです。

ちなみに、ジーデトックハーブティーは、ティーパック一個で大体3杯分位に分けて抽出するのが理想とされていて、ティーパック一個で一杯しか抽出しないのは、濃度が濃過ぎるので危険だと言われています。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ