サラシア茶の効果は?WHOが認めた理由

<スポンサーリンク>

サラシア茶の主成分「サラシア」は、「ニシキギ科」のツル性植物に属し、「WHO(世界保健機構」からも「血糖値下降」の効果が認められています。

「サラシアオブロンガ」と記載されている場合が有りますが、殆ど同じ意味です。

 

食事中に含まれている糖質の吸収量や血糖値の上昇を抑える効果が有り、脂肪吸収率を下げ、身体に蓄積された脂肪の分解を促進する効果も期待出来ます。

更に、便秘体質の改善や肌コンディションの向上等の効果も期待出来ます。

 

カフェインが含まれて居ませんので、なかなかお茶を飲む事が出来ないと言う方でも、サラシア茶なら気軽に飲む事が出来ます。

 

効果はどの成分から?

サラシア茶には「サラシノール」「コタラノール」「エピカテキンガレート」が含まれており、ミネラルも豊富なのが特徴です。

「サラシノール」「コタラノール」には、糖質分解酵素「アルファ−グルコシタール」「アルドース還元酵素」の生成を抑制する効果が有ります。

 

「アルファ−グルコシタール」は食事中の糖質を分解し、体内に蓄積させる働きが有りますので、阻害する事によって、糖質吸収率を下げる事が可能です。

「アルドース還元酵素」は「ソルビトール」の生成を促す酵素の一種で、糖アルコールに属します。

 

阻害する事によって、生体内での糖分の生成率を下げる効果が期待出来ます。

「エピカテキンガレート」は、サラシア茶等の「カテキン」に含まれているフラボノイドの一種で、細胞の酸化を防ぐ効果が有ります。

 

細胞の酸化を防ぐ事が出来ると言う事は、「老化」を防ぐ事と同じ意味ですので、以前よりも疲れにくい身体作りも出来ます。

 

サラシア茶が最適な場合

健康診断結果等で糖質を制限するように指摘された方、ごはんやパン、うどんやパスタ等の炭水化物が多い食事をついつい食べ過ぎてしまうと言う方に最適です。

もちろん、サラシア茶の効能をより効果的に引き出したい場合は、食事の15〜30分に飲むのが最適です。

 

サラシア茶は商品によって苦味や香りが大きく異る場合が有りますので、Aの会社から販売されているサラシア茶を飲んで苦いと感じたとしても、Bの会社から販売されているサラシア茶を飲んで美味しいと感じる場合が有りますので、その効果について強い興味が有る場合は、違う会社のサラシア茶に変更してみるのも一つだと思います。

 

もし宜しければ、「菊芋茶の副作用は?摂取する前に知りたい事」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ