カモミールティーの効能は知らないと損

<スポンサーリンク>

カモミールティーに使用されているカモミールは、太古の昔から薬草として利用されて来た歴史が有り、数あるハーブの中でも最古の薬草と言えます。

古くから愛用されて来た理由は、高いリラックス効果や鎮痛作用等の効能が期待出来るからだと言われています。

 

鎮痛作用に関しては、胃腸や膀胱、子宮や血管等、身体全身に存在する「平滑筋」と呼ばれる筋肉の一種の過剰な緊張状態を緩和させてくれる効能が有ります。

この「平滑筋」は、過剰な状態になる事によって収縮時等の運動時に痛みを感じるようになります。

 

特に胃腸や子宮に痛みを感じてしまい易い方は、カモミールティーを取り入れてみると痛みが緩和されるかも知れません。

 

ストレスや睡眠不足にもカモミールティーが有効

鎮痛作用やリラックス効果等の効能は、ストレスや原因不明の睡眠障害にも効果的です。

もちろん、ストレスや月経、自律神経の乱れ等による睡眠不足や精神的に落ち着かない状況が続く事によって悩まされている方いも良いです。

 

意外と知られていない効能

カモミールティーは鎮痛やリラックス等の効能が注目されてしまいがちですが、肌コンディションを整える効能も有ります。

今日飲んで明日変化が出ると言う訳には行きませんが、習慣的に飲み続ける事によって変化が実感出来る筈です。

 

肌への効能に関しては、日焼け後のシミや肌荒れの改善、ニキビや吹き出物を出来にくくしたり、修復を早めたりする事も可能です。

また、肌が乾燥し易い方に対してもカモミールティーは有効的で、肌の保湿性を高める効能が有ります。

 

乾燥肌だけでは無く、アトピーやアレルギー体質が原因の肌トラブルに対しても良く、長年悩まされていると言う方にも人気です。

 

カモミールティーを支える2種類の成分

カモミールティーには「カマメロサイド」「カモミラエキス」と呼ばれる嬉しい効能が期待出来る成分が含まれています。

「カマメロサイド」は、各種生活習慣病や各種ガン、神経系の異常や老化等の原因と言われている身体の「糖化」を防ぐ効能が有ります。

 

糖化は食事中に含まれている「糖分」が体内のタンパク質と反応する事によって起きてしまう為、構造上仕方の無い事なのですが、細胞の老化や肌コンディションの著しい低下等を考えると、出来るだけ抑えたいと思います。

 

カモミールティーに含まれている「カモミラエキス」には、肌コンディションを上げる効能が高い事で有名な成分です。

保湿作用やシミの原因となる「エンドセリン」の生成を抑制する事が出来ます。

 

それに、血流の促進も出来ますので、細胞も活性化出来、新しい細胞や肌を作り出す効能も期待出来ます。

 

もし宜しければ、「カモミールティーは抗糖化にも良い?その他食品に関して」の記事も参考にして下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ