ぽっこりの原因は何?皮下脂肪をやっつける為に

<スポンサーリンク>

病気以外でお腹がぽっこりしてしまう場合は、「皮下脂肪」か「内臓脂肪」が原因である事が多いです。

また、遺伝や骨格上ある程度は仕方無い場合も有ります。

 

ぽっこりの正体を見極める方法

皮下脂肪は文字通り、皮膚の下に有る脂肪、内臓脂肪は文字通り、内蔵周辺に蓄えられている脂肪の事ですね。

ちなみに、ぽっこりを比較的簡単に改善させる事が可能なのは内蔵脂肪です。

 

◯ 皮下脂肪の特徴と対策法

皮下脂肪は皮膚の下にびっしりと脂肪が蓄積してしまった状態ですので、一週間等と言う、比較的短期間ではぽっこりを解消する事は出来ないのが特徴です。

 

時間をかけながら運動や食生活の改善によって新陳代謝を上げて解消するのが一番ですね。

入浴時間を長めにとってみたり、ストレッチを取り入れてみるのも良いです。

 

また、ぽっこりが気になる所周辺の皮膚を触ってみると冷たく感じてしまう場合は、出来るだけ身体を冷やさないように工夫するのも効果的です。

気が付いた頃には減って来ていると言う場合が殆どです。

 

◯ 内臓脂肪の特徴と対策法

内蔵脂肪は比較的付きやすくてぽっこりを解消し易いのが特徴です。

間食をやめてみたり、ジュースからお茶に変える、ご飯のおかわりをやめる等の簡単な習慣の改善で解消出来てしまう場合が多いです。

 

皮下脂肪の場合と同様の工夫も大切ですが、日々の食事量をもう一度再確認してみるのも有効的です。

 

● そこまで過敏になる必要は有りませんが、1食辺りのカロリーをざっと把握してから必要なカロリーのみを摂取するように意識して食べる事。

● 食事後にすぐに横になったり、眠る事を出来るだけ避ける事。

 

● 一年を通して身体を冷やす事は出来るだけ避ける事。

● 今この瞬間のモチベーションをしっかりと維持する事。

 

運動等は比較的敷居が高く感じてしまう人が殆どなのでは無いでしょうか?

 

そう言った場合は、ついつい食べ過ぎてしまうのを抑え、自分が1食辺りどれ位の量を食べて、どれ位のカロリーを摂取しているのかを把握するのが良いですね。

もし宜しければ、「下腹をぺったんこさせるにはお茶が定番?」の記事もご覧頂けると幸いです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ