ほうじ茶は妊婦でも飲める?間違った常識

<スポンサーリンク>

ほうじ茶は一般的に「お茶」と呼ばれている「緑茶」を強火で焙じて作りますので、やろうと思えば自宅で作る事も可能と言えば可能だと思います。

元は緑茶ですので完全に壊す事は出来ませんが、「タンニン」「カフェイン」含有量は減少していますので、年齢を問わず摂取する事が出来る点も嬉しいです。

 

妊婦さんが摂取する際には、担当の医師やご家族の考え方、もちろん、ご本人様の考え方によって異なって来ると思います。

一般的にはほうじ茶のカフェインは微量ですので、妊婦さんでも摂取する事は可能だと判断される方が大半のようです。

 

ほうじ茶に限らず「間違って摂取してしまった!」と焦って不安な毎日を過ごしてしまってはお腹の赤ちゃんに悪影響を与えてしまう可能性も有りますので、いっその事中断してしまった方が良いとも思います。

気になる食品や飲料等が有れば担当の方に相談し、少しでも不安は減らしてしまった方が良いです。

 

妊婦さんの体質によっては不向きな場合も

妊娠される前の状態からお茶やコーヒー、紅茶等を摂取した時に眠れなくなった経験が有る方や、「カフェインを摂取した」と言う認識だけでも眠れなくなってしまう方はほうじ茶を飲まない方が良いかも知れません。

 

妊婦さんの摂取に関しては「一般論」「統計」でしか誰も話せませんので、やや「過敏気味」に反応してしまう場合は考えられていない事がほとんどです。

それと同様で、「過敏気味」に近いニュアンスで言う「自己暗示」が強い方も睡眠時間に影響してしまう可能が有るので少しだけ注意が必要だと思います。

 

ほうじ茶を飲むタイミングや注意点について

カフェイン含有量が他のお茶よりも少なく、妊婦さんが不足してしまいがちな栄養素が含まれているので積極的に摂取したい所だと思いますが、水代わりにガブガブと飲んでしまうのは考えものです。

 

特に妊婦さんは飲み物や食べ物が大きく制限されてしまいますので、ほっと一息つきたい時や少しだけ目を覚ましたい時に飲む方位の頻度の方が望ましいと思います。

1日を通してのメイン候補で摂取されるのでしたら、ノンカフェインのルイボスティーや麦茶等の方が適していると思います。

 

妊婦さんは忙しいので一度に沢山作っておいた方が楽です。

ですが、お茶全般に言える事かも知れませんが、特にほうじ茶の「作り置き」は非常に危険です。

 

抽出時に発生した「タンパク質」が長時間の保存によって劣化や腐敗する原因いなりますし、何よりも菌や細菌の栄養になってしまいがちです。

 

もし宜しければ、「カモミールティーを妊娠初期に飲む危険性」の記事も参考にして下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ