ほうじ茶の効能について|便秘にどれ位効くの?

<スポンサーリンク>

ほうじ茶にはキャンドルブッシュやセンナ茶と比較してしまうと、どうしても際立った便秘解消効果は期待出来ませんが、水分不足が原因や食物繊維が不足してしまった事が原因での頑固な便秘を解消すると言う意味では有効的です。

特にカチコチで頑固な便秘で苦しまれている方の多くが、水分不足や食物繊維が原因だと言われていますね。

 

理想的な水分摂取は1日2リットル〜2.5リットルと言われています。

清涼飲料水では糖尿病の危険性が有りますし、水をその分飲むのは正直辛いですからね。

 

そう言った場合にほうじ茶は最適ですし、頑固な便秘になりにくい体質造りにも有効的だと言えます。

また、緑茶に比べるとカフェインが少ない分、毎日のように摂る事が出来るのが嬉しいですね。

 

ほうじ茶の効能

◯ コレステロールを下げる

ほうじ茶には豊富なカテキンが含まれていますので、血中の悪玉コレステロールを下げる効能が期待出来ます。

血糖値が気になる方や高血圧や動脈硬化の疑いが有ると診断されてしまった方にも有効的ですし、家族の中で生活習慣病を発症してしまう人が多く、将来的にどうしても不安になってしまうと言う方にとっても予防と言う意味で有効ですね。

 

◯ アンチエイジング効果

カテキンには、コレステロールを下げる効能だけでは無く、細胞が酸化してしまうのを防ぐ効能も期待出来ます。

また、抗酸化作用はがんの予防への効能が期待されていますので、健康増進の為にも摂りたいですね。

 

◯ 口内トラブルの改善

ほうじ茶には、口内の雑菌の増殖や膿、腐敗が原因での口臭を和らげる効能が期待出来ます。

また、胃液が原因での口臭に対しても有効的で、ほうじ茶には胃や腸の働きを活性化させ、ある程度の消臭効果も期待出来ます。

 

それに、虫歯になりにくい口内環境の維持にも効果的です。

ですが、ほうじ茶を飲んだから虫歯にならないと言う事は無く、濃く抽出し過ぎたほうじ茶は歯に茶渋が着いてしまう可能性が有りますので注意したいですね。

 

◯ 便秘体質の改善

上記でも少しだけ触れさせて頂きましたが、ほうじ茶んは胃や腸の働きを促す効能が期待出来ます。

一般的な便秘茶のように腸を刺激する程の便秘解消効果は有りませんが、じっくりと便秘体質の改善をして行きたいのでしたら有効的ですね。

 

◯ ストレスの緩和

ほうじ茶に限定されていませんが、便秘茶の多くはストレスを緩和させる働きが有ります。

特に女性に多いのですが、慢性的にストレスが蓄積されてしまうと自律神経が乱れてしまい、便秘になってしまいがちです。

 

カフェインも少ないので、ほっと一息付きたい時にほうじ茶は最適ですね。

杜仲茶については「杜仲茶の効能、便秘体質の改善には有効なのか」を参考にしてみて下さいね。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ