なたまめ茶の効能は?腎機能低下にも最適

<スポンサーリンク>

なたまめ茶に使用されている「なたまめ」は、健康食品や補助食品にも幅広く使用されており、最近注目されている豆に思えるかも知れませんが、様々な効能が期待出来ますので、「漢方薬」「生薬」として長く利用されて来ています。

今は健康志向の高い方が選ばれる傾向が高いですが、一昔前は、「膿とり豆」として、「膿」を取る効能が期待されて使用されて来ました。

 

当たり前の話になってしまい恐縮ですが、なたまめ茶は「なた豆」を使用していますので、妊娠中や授乳中、お子様に適切では無い「カフェイン」が含まれて居ません。

「なた豆」自体にアレルギーをお持ちの方はなたまめ茶を飲む事は出来ませんが、基本的にどのような年齢の方でも安心して飲む事が出来るのが魅力の一つだと思います。

 

なたまめの効能

血流を改善し、むくみにくい体質にする効能や便秘体質の改善が出来、「痔(ぢ)」やアレルギー体質等のお通じが原因で起きてしまいがちなトラブルを改善する効能が期待出来ます。

特に最近では、なたまめ茶の「膿取り」が注目され、口臭や歯槽膿漏症のにも人気です。

 

また、糖尿病になりにくい身体作りや脂肪燃焼効果が期待出来、ダイエット分野でも注目されています。

腎機能を改善する効能も期待出来るのが嬉しいです。

 

宜しければ、「ジーデトックスハーブティーは強力過ぎる?」の記事も参考にしてみて下さい。

 

なたまめ茶の有効成分

なたまめ茶には、「カナバリン」「コンカナバリンA」「ウレアーゼ」と言うやや特殊な成分が含まれています。

「カナバリン」は、歯槽膿漏症や蓄膿症を抑える効能が有り、膿だけでは無く、体液や血液を浄化させる効能も有ります。

 

「コンカナバリンA」は、腎機能を向上させる効能が期待出来る成分で、腫瘍が出来にくい体質にする効能にも注目されています。

腎機能の向上により、血液中に「尿素」が溶け込む量を大幅に減らし、若年性の物忘れや痴呆症を発症してしまうリスクを下げる事が可能です。

 

「ウレアーゼ」は、腎臓の機能を補助する働きが有り、尿素を分解し、二酸化炭素とアンモニアにする働きが有ります。

その事によって、身体のむくみを取る効能や関節の痛みや血圧の異常を抑える効能も期待出来ます。

 

その他には、なたまめ茶にはアミラーゼが含まれていますので、胃や腸の機能を向上させる効能が期待出来、腸機能低下による便秘を改善し、胃の機能回復等の効能も期待出来ます。

また、なたまめ茶は、カルシウムや鉄、カリウムや亜鉛等のミネラルが豊富な事でも有名で、細胞の酸化を防ぐポリフェノールや食事中の脂肪やコレステロールを効率良く体外に排出出来ると言われているサポニンが含まれています。

 

もし、宜しければ、「なたまめ茶が鼻炎に良い理由を成分から分析」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ