なたまめ茶が鼻炎に良い理由を成分から分析

<スポンサーリンク>

なたまめ茶には、血行不良の改善やアレルギー症状の緩和、腸内環境の正常化等、辛い鼻炎を改善してくれる効果が期待されています。

古くから漢方薬としても利用され、「カナバニン」「コンカナバリンA」等のなたまめ茶でしか得られない成分も配合されている事が特徴の一つです。

 

「赤なた豆」や「白なた豆」等を使用したお茶が販売されていますので、迷うかも知れませんが、「赤なた豆」を使用したお茶が鼻炎体質の改善にも良いと言われています。

 

なたまめ茶が鼻炎の改善に良い理由

「カナバニン」には、血流や体液を健康的な状態にする働きが期待出来、「コンカナバリンA」には、自己免疫機能を改善する働きが出来ます。

鼻炎は、「自己免疫機能」が正常に働かかなく事を意味し、俗に言う「健康体」であれば反応しない筈の「花粉」「ホコリ」「ダニ」等に対し、自己免疫機能が過剰に反応してしまった事によって引き起こされると言われています。

 

鼻炎は、「T細胞」と呼ばれる「リンパ球」と密接に関係していると言われていて、「便秘」によって「過敏」に反応するかどうかが左右されてしまいます。

「便秘」になると腸内に悪臭を放つガスが充満してしまい、そのガスによって身体は、「有毒な物に汚染されている」と誤解してしまいます。

 

「汚染されている」と誤解すると言うと少し大げさに感じてしまうかも知れませんが、鼻炎で悩む方の3〜4割近くが便秘でも悩んでいると言う情報を見ると、そこまで楽観視出来無いと思います。

なたまめ茶が鼻炎の改善に良いと言われている理由の一つに、「食物繊維」が豊富に含まれている事も挙げられます。

 

「カナバニン」には、鋭敏になってしまった自己免疫機能を柔らげる働きが有り、「食物繊維」には、鼻炎の原因となる腸内環境を清浄化する働きも期待出来ます。

それに、便秘は、慢性的な血行不良とも関係していると言われていて、大腸や小腸等の消化器官は、特に血行不良に敏感です。

 

なたまめ茶に含まれている「コンカナバリンA」には、血流の悪化を改善する働きが有り、慢性的な冷え性や肩こり等の改善にも効果が期待出来ます。

また、「蓄膿症」「副鼻腔炎」の改善にも効果が期待出来ると言われている通り、鼻や喉等の不調を緩和する働きが期待出来ます。

 

その効果は高く、「蓄膿症」や「副鼻腔炎」等の炎症による「膿」等の分泌量を減らす事が出来るとも言われています。

もし宜しければ、「なたまめ茶の効能は?腎機能低下にも最適」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ