そば茶は便秘体質の改善に良い?

<スポンサーリンク>

そば茶は食物繊維が豊富に含まれていますので、毎日の生活に取り入れる事によって、便秘体質を改善する事が可能です。

特に便秘体質の解消目的でそば茶を利用されるのでしたら、「韃靼そば(だったんそば)」を使用した物の方が良く、そばの実の部分も破砕して使用している物の方が、一般的なそば茶よりも食物繊維を豊富に摂取する事が可能です。

 

便秘だけでは勿体無い?

「そば」は食品としては人気が有り、うどんやラーメンと比較しても、食物繊維が豊富に含まれていますので、便秘にも良くて美容や健康成分が豊富に含まれていますので、健康志向が高い女性の方にも人気です。

ですが、「そば茶」になると一気に知名度が下がり、「変わり種のお茶」程度の認識を持たれている方が大半だと思います。

 

ですが、便秘に良い「食物繊維」だけでは無く、美容や健康、生活習慣病の予防等、様々な効能が期待出来る成分が豊富に含まれているのも特徴です。

また、「食物繊維」はどうしても便秘体質の改善にばかり注目されてしまいがちですが、体内に蓄積された「悪玉コレステロール」を効率良く体外に排出する効果も期待出来ますので、生活習慣病の予防や改善に注目されています。

 

◯ ビタミンE

抗酸化作用が高く身体の老化を防ぐ働きや悪玉コレステロールの酸化を防ぐ働きが有り、特に動脈硬化の改善や予防に注目されています。

 

◯ 「鉄分」

便秘中に陥りがちな肌コンディションの低下を改善し、免疫力の低下を防いでくれます。

女性は特に不足してしまいがちな成分の一つですので、毎日意識して摂るようにしたいですね。

 

◯ 「カルシウム」

男性女性関わらず、体重の1%から2%近くを占めていますし、常に不足してしまいがちです。

また、血圧の上昇を抑えたり、イライラ等を鎮める働きが期待出来ます。

 

女性の場合は特に「骨粗しょう症」のリスクを下げる為にも毎日のように摂取したいミネラルの一つですので、そば茶に含まれているカルシウムは手軽に摂取出来るので魅力的だと思います。

「カルシウム」が主成分のサプリメント等は過剰に摂取してしまいがちですので、「便秘」を引き起こす可能性も有りますが、そば茶には適量程度しか有りませんので、その心配が無いのも嬉しいです。

 

◯ 「ケルセチン」

「クェルセチン」と記載されている事が有りますが、同じ意味です。

ポリフェノールの一種で、ドロドロ血を改善したり、毛細血管を強くする働きが期待出来ます。

 

冷え性や女性の薄毛や抜け毛にも良いですし、アンチエイジング効果も期待出来ます。

また、脂肪燃焼を効率化してくれる働きも期待されています。

 

「そば」や「そば茶」がダイエット中に良いと言うのは、ただ単にヘルシーだからと言う訳では無く、食物繊維による便秘解消効果やケルセチンによる脂肪燃焼のおかげも有り、理にかなっていると言う事です。

 

◯ 「シス・ウンベル酸」

通常の「そば茶」にも含まれていますが、「韃靼そば茶」と比べるとどうしても微量になってしまいます。

あまり聞き慣れない成分の一つだと思いますが、主に「韃靼そば」に含まれている成分で、日焼けやシミ等を作り出す酵素「チロシナーゼ」の働きを弱めます。

 

どうしてもシミや日焼け後等が気になる場合や、予防等に最適な成分の一つです。

 

◯ 「ルチン」

ルチンも「シス・ウンベル酸」と同じくそばに含まれている成分です。

ですが、普通のそば茶にも含まれているので嬉しいです。

 

厳密に言うとビタミンの一種で、「ビタミンP」と表記されている事も有りますが同じ意味です。

ポリフェノールに近く、アンチエイジング効果が高いのが特徴の一つで、血流を良くする働きが期待出来、生活習慣病の予防や改善に注目されている成分の一つです。

 

もし宜しければ、「そば茶の栄養素には何が有る?「ルチン」を効率良く」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ