そば茶の栄養素には何が有る?「ルチン」を効率良く

<スポンサーリンク>

そば茶の栄養素は、「カルシウム」「鉄分」「食物繊維」「ビタミンB1」「ビタミンB2」「ビタミンE」「ケセルチン」「ルチン」「シス」「ウンベル酸」「タンパク質」「脂質」です。

もちろん、カフェインも有りませんし、カロリーも有りませんので、お茶を飲む事が出来る年齢以上であれば、年齢や性別を問わず飲む事が出来るのも嬉しいですね。

 

そば茶の栄養素「ルチン」の補足

そば茶の栄養素として一番注目されている「ルチン」には、血管を強くする働きが有り、「高血圧」「糖尿病」「動脈硬化」「心筋梗塞」「脳梗塞」「狭心症」等の生活習慣病の予防や改善に有効的だと期待されている成分です。

 

また、美肌や美白に必要不可欠な「ビタミンC」を効率良く吸収し、体内でコラーゲンを効率良く生成出来るように促す働きが期待出来ます。

それだけでは無く、細菌や病原菌等の侵入を防いだり、アンチエイジング効果が高く、脳細胞の減少を防ぐ効果も期待出来る事も特徴です。

 

ルチン摂取の際の注意点

現在、非常に沢山のそば茶関連商品が有りますが、一般的なそば茶では、期待する量のルチンを摂取する事は難しいです。

理由は、ルチンは水を加えると、分解酵素の働きによって「苦味成分」に変質してしまいます。

 

この分解酵素は「ルチナーゼ」と呼ばれる分解酵素で、ルチンの効果や効能を十分に引き出したい場合は、分解酵素の発生を抑制する製法で製造されたそば茶を選んだ方が良いです。

ですので、この分解酵素について一切触れていないそば茶と言う事は、そのそば茶から「ルチン」の恩恵を得る事は出来ないと考えた方が良さそうですね。

 

そば茶はどんな方に向いている?

カロリーは有りませんので、ダイエット中や血糖値が気になる方でも安心して飲む事が出来ますし、そばアレルギーが有る方以外であれば、妊娠中でも問題は無い場合が多いです。

 

ですが、もしもの事が有りますので、妊娠中は医師に相談するようにして下さい。

また、そば茶には、便秘解消効果も期待出来るのが魅力です。

 

「そば」では駄目な理由

そば茶には健康やダイエット、美容や生活習慣病の予防や改善等に嬉しい栄養素が豊富に含まれています。

特に「ルチン」目的で摂取しようと考えられている方は、「そば」では駄目なのかが疑問に残ると思います。

 

そばは蒸すか茹でるのが一般的ですが、ルチンは「水溶性」の栄養素で、「ルチナーゼ」に分解されます。

「そば湯」として有効利用するのも良いとは思いますが、効率良く「ルチン」を摂取する事を考えると、「そば茶」の方が良いですね。

 

ハトムギ茶が気になる場合は、「ハトムギ茶には、どのような効果が期待する事出来る?」の記事も参考にして下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ