ごぼう茶の便秘解消効果が高い理由は何?

<スポンサーリンク>

食物繊維が豊富で便秘効果が高いと分かっていても、ごぼうは調理するのがなかなか大変ですよね。

特に毎日あの皮やアクと格闘するとなると、本当に骨が折れる思いですね。

 

ごぼう茶は、そう言った方やより健康志向が高い方を中心に人気です。

便秘解消系のお茶は、妊娠中や授乳中に飲む事が出来ない物が多いのですが、気にせずに飲むことが出来るのが嬉しいですね。

 

いくらごぼう茶が安心だと言っていても、他に何かしらの成分や材料が含まれている事が多いので、妊娠中や授乳中の方は成分表をしっかりと確認するようにして下さい。

 

ごぼう茶の高い便秘解消効果について

現在市販されている多くの便秘茶の多くは、腸を刺激する事で排便を促す物が多いです。

腸を直接的に刺激する働きが有りますので、比較的早く効果を発揮出来るのが特徴ですね。

 

ですが、濃く入れ過ぎてしまったり、習慣的に飲んでしまうと、腸自体が徐々にその刺激に慣れてしまい、非常に頑固な便秘になってしまう危険性が有ります。

また、妊娠中に飲むと流産になってしまうリスクが高まってしまったり、授乳する事によって赤ちゃんに悪影響を及ぼす等の危険性が指摘されています。

 

ごぼう茶は文字通り、「ごぼう」から製造された物ですので、腸を刺激し過ぎると言う事はあり得ません。

ごぼう茶に高い便秘解消効果が期待出来る理由として、コップ一杯位でも1日に必要な食物繊維の大半を摂取出来ると言う点です。

 

そして、もう一つの特徴として、「イヌリン」と言う便秘に効果的な成分も含まれているからですね。

ごぼう茶に含まれているイヌリンには、腸の働きを活性化させる効果が有り、便秘体質を根本的に改善するのに有効的です。

 

イヌリンは植物に含まれている「多糖類」の一種ですが、摂取出来る食品がある程度限られてしまいます。

その点、ごぼう茶には豊富に含まれていますし、手軽に摂れるのが嬉しいですね。

 

ごぼう茶を飲む場合の注意点

◯ アレルギー体質の方

ごぼう茶を飲んでみて、身体に何かしらの異変を感じた場合、服用を中止して下さい。

 

◯ 軟便や下痢気味の方

ごぼう茶は食物繊維やイヌリンが豊富に含まれていますので、元からお腹が緩かったり、大量に摂取してしまうと下痢になってしまったり、お腹が痛くなってしまう場合が有ります。

 

マテ茶については「マテ茶の効果|便秘解消目的で飲むのは勿体無い」を参考にしてみて下さいね。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ